日本人が使いこなせない英語

医療現場で使われている英文を考察します。

願望を表す助動詞

Wants and wishes:  would like, would rather, would not mind

 

要点:「would like to」は過去の出来事を現在望んでいるのに対して、「would have liked to」は過去の出来事を過去に望んでいたことを表す。

*************************************************************************************************

 

人の願望を表すときは「would like」を使う。「would」は助動詞、「like」は他動詞で「to」不定詞句または名詞句が続く。

 

例1

The patient would like to receive information about the results of the tests that have been performed.

 

その患者はすでに受けている検査結果の説明を望んでいる。

 

「would like」に「to」不定詞句を続けて願望を表してある。

 

 

f:id:tpspi:20180217093526g:plain

写真出典: Process of blood collection

 

 

人が過去に物事が起きてほしいと思ったが、実際には起きなかったことを現在望んでいることを表すには「would like」と「to」不定詞の完了形を使う。

 

 

例2

Many physicians would like to have had surgical therapy as an option for those patients who were not completely free of seizures and for those who were free of seizures but suffered toxic side effects.

 

多くの医師は完全に発作がなくならない患者や発作は治まったが薬剤の有毒な副作用に苦しんでいる患者にオプションとして手術を行えばよかったと思っている

 

用語

seizure ...  発作

 

「would like」と「to」不定詞の完了形で過去に望んでいたが、実際には実現しなかったことを現在望んでいることが表されている。

 

 

 

人が過去に物事が起きてほしいと思ったが、実際には起きなかったことを過去に望んでいたことを表すには「would have liked」および「to」不定詞句または名詞句を使う。

 

 

例3

The patient would have liked to have known her options before the treatment was performed.

 

患者は治療の前に、選択肢を知っていればよかったと思っていた

 

「would have liked」と「to」不定詞の完了形で過去に望んでいたが、実現されなかったことを過去に望んでいたことが表されている。

 

 

 

まとめると「would like to」は過去の出来事を現在望んでいるのに対して、「would have liked to」は過去の出来事を過去に望んでいたことを表している。

 

 

「would love」または「would prefer」と「to」不定詞句または名詞句でも「would like」と同様な意味を表す。

 

 

例4

In general, the juvenile physical examination should occur without a parent or guardian present.  In some situations, the adolescent is asked whether he or she would prefer to have a parent in the room during the physical examination.

 

一般的に、未成年の診察は親またはその他の保護者の付き添いなく行われなければならない。場合によっては、未成年者に検診時に親の付き添いを希望するかどうかが質問される。

 

用語

juvenile ...  未成年

guardian ...  保護者

physical examination ...  診察

 

「would prefer」は「would like」と同様な意味を持つ。動詞を変えることによりニュアンスを変えることができる。

 

 

 

人がある状況が他の状況より好むことを表すときは「would rather」または「would sooner」と動詞の原形を使う。

 

 

例5

The patient would rather have laparoscopic surgery than abdominal open surgery so that the former has many advantages over the latter. 

 

腹腔鏡手術は開腹手術より多くの利点があるため、患者は開腹手術より腹腔鏡手術を希望する

 

用語

laparoscopic surgery ...  腹腔鏡手術

abdominal open surgery ...  開腹手術

 

「would rather」と動詞の原形により状況の比較を表している。

 

 

 

「would not mind」に動詞の現在分詞形または名詞句を続けて丁寧に願望を表すことができる。

 

 

例6

The physician would not mind heartfully treating all patients regardless of whether they are rich or poor.

 

その医師は貧富の別なく、すべての患者を心を込めて治療することをいとまない

 

「would not mind」と動詞の現在分詞形で丁寧な願望を表している。

 

事態の確定を表す副詞型修飾語

Adverbials of duration:  already, yet, still, no longer, etc.

***************************************************************

 

「already」は事態が予想したより早く起こっていることを表し、助動詞または「be」動詞の直後で、主動詞の直前に配置する。

 

 

例1

For high-risk men who have already had a myocardial infarction, the baseline 5-year risk might be 20%, which could be reduced to 14% with treatment.

 

心筋梗塞をすでに発症している高リスクの男性患者では、標準5年リスクは20%と予想されるが、治療により14%に低減する。、

 

用語

myocardial infarction ...  心筋梗塞

baseline 5-year risk ...  標準5年リスク

 

現在完了形の関係詞節に副詞「already」が使われているので、助動詞「have」と過去完了形の主動詞「had」の間に配置されている。

 

 

f:id:tpspi:20180205095159g:plain

写真: 狭心症治療薬アスピリン

 

続きを読む

提案を表す助動詞

Modal:  Could, might

***********************

 

何かの物事を行う提案をするときは助動詞「could」を使う。

 

例1

When diagnosing patients, the physician could focus initially on common diseases for the patient and diseases that require specific treatment.

 

医師は患者を診察するときは、最初は一般的な病気に的を絞り、次に特別な治療が必要な病気に的を絞ったほうが良い

 

助動詞「could」は物事を行う提案を表している。

 

 

f:id:tpspi:20180215074707g:plain

 

写真: オムロン電子体温計

 

続きを読む

頻度と可能性を表す副詞型修飾語

of frequency and probability

********************************

 

頻度を表す副詞型修飾語は物事がどの位頻繁に起こるかを表し、「a lot」、「always」、「ever」、「hardly ever」、「never」などがある。

 

可能性を表す副詞型修飾語は物事がどの位確実かを表し、「certainly」、「perhaps」、「possibly」、「probably」などがある。

 

これらの副詞型修飾語は主動詞の直前及び助動詞及び「be」動詞の直後に配置する。

 

 

例1

Since both vaccine types of influenza A and an influenza B virus are grown in eggs, episodic production problems have sometimes led to shortages of the inactivated vaccine.

 

インフルエンザA及びBウイルスの両方のワクチンは卵で培養されるめ、偶発的に生産に問題が起こり不活性ワクチンが時々不足している。

 

用語

inactivated vaccine ...  不活性ワクチン

 

頻度を表す副詞「sometimes」は助動詞「have」と本動詞(過去分詞形)「led」の間に配置されている。

 

 

 

f:id:tpspi:20180214134920g:plain

写真: インフルエンザ・ウイルスは鶏の卵で培養されている

続きを読む

許可を表す助動詞と動詞

許可 Permission:  can, could, may, be allowed to do

*************************************************************

 

 

人が物事を行うことが許可されていることを表すときは助動詞「can」を使う。

 

例1

In patients who can take aspirin, the addition of clopidogrel to aspirin and fibrinolytic therapy in patients 75 years or younger reduces predischarge occlusion rates of infarct-related arteries and reduces ischemic complications without increasing rates of intracerebral hemorrhage.

 

アスピリンの服用が認められている75歳以下の患者では、クロピドグレルをアスピリンと線維素溶解療法に加えることにより退院前の梗塞を引き起こす動脈の閉塞率が低下し、脳内出血の発症率が増大することなく虚血性合併症が低減する。

 

用語

clopidogrel ...  クロピドグレル(血小板凝集作用抑制剤)

fibrinolytic therapy ...  線維素溶解療法

predischarge occlusion rate ...  退院前の閉塞率

infarct-related artery ...  梗塞を引き起こす動脈

 

助動詞「can」は人が物事を行うことが許可されていることを表している。

 

f:id:tpspi:20180213180716g:plain

 

写真: プラビックス(クロピドグレル)

写真出典: NPS

 

 

続きを読む

時を表す名詞、名詞句、前置詞句、副詞、副詞句

時を表す副詞型修飾語 Adverbials of time 

***************************************

 

物事が生じる時を表すときは、時を表す副詞型修飾語として名詞又は名詞句が使用できる。

この名詞又は名詞句には「yesterday」、「today」、「tomorrow」、「last year」、「the day after yesterday」、「the other day」などがある。

 

時を表す名詞又は名詞句では前置詞は使用できない。

 

例1

Last year the training for palliative care was started to decrease the burden associated with chronic illness.

 

昨年、慢性疾患による患者の負担を軽減するために緩和ケアの訓練が開始された。

 

用語

palliative care ...  緩和ケア

 

名詞句「last year」は時を表す副詞型修飾語であるため時にを表す前置詞は付かない。

 

 

f:id:tpspi:20180212160319g:plain

緩和療法としての灸

写真出典: だいき鍼灸治療院

続きを読む

能力を表す表現

Ability:  can, could, be able to  

*********************************

 

 

現在又は将来における可能性は助動詞「can」を使って表す。

 

例1

Although patients can obtain their own medical information from a variety of sources, some of the information lacks reliability.

 

患者は多数の媒体から自分に適した医学情報を得ることが出来るが、これらの情報の一部は信頼性を欠いている。

 

助動詞「can」は現在又は未来の可能性を表している。

 

 

 

f:id:tpspi:20180211161138g:plain

写真: 煎じ薬用すり鉢

 

続きを読む