日本人が使いこなせない英語

医療現場で使われている英文を考察します。

「when」を使うべきか「if」を使うべきかそれが問題だ!!

時を表す副詞節の「when」と条件を表す副詞節の「if」の違い

Difference between adverb clauses with conjunctions "when" and "if"

 

  

接続詞「when」はイベントが生じる可能性が高い場合、接続詞「if」はイベントが生じる可能性が低い場合に使う。

 

イベントが生じる可能性が高いと思われる場合は接続詞「when」で導かれる時を表す副詞節使う。

 

例文1

高血圧の治療をしている人に脳梗塞の症状が現れたら、居合わせた人は直ちに救急車を呼び、患者が一刻も早く適切な治療が受けられるようにしなければならない。

When a person who is taking hypertension treatment developed symptoms of brain infarction(a), any attendant must call an ambulance immediately so that the patient can receive an appropriate treatment as soon as possible.    

 

用語

attendant

noun

居合わせた人

brain infarction

np

脳梗塞

hypertension

noun

高血圧

immediately

adv

直ちに

略語 np:  noun phrase;  adv:  adverb

 

解説

(a) ...  患者は高血圧の持病があり、脳梗塞が生じるリスクが高いため、接続詞「when」で導かれる時を表す副詞節が使われている。

 

f:id:tpspi:20180408155604g:plain

 

写真: AED収容ボックス 

写真出典: AED UNIVERSE

続きを読む

不定詞句の主語を作る

Creating subjects of "to" infinitive phrases that play nouns, adjectives, and adverbs

 

「to」不定詞句は名詞、形容詞、および副詞として機能する。

 

「to」不定詞句は前置詞「to」と動詞の原形から作られている。

 

動名詞と同様に「to」不定詞句も主語を持つことができる。

 

「for」で始まる前置詞句を「to」不定詞句の前に配置すると、「for」の人を表す目的語が「to」不定詞句の主語になる。

 

「to」不定詞句の名詞用法

「for somebody」と「to」不定詞句で名詞として機能する。

 

f:id:tpspi:20180408103034g:plain

写真: 喫煙は肺ガンの最大の危険因子

写真出典: The Indian Express

続きを読む

懸垂分詞は使用禁止!

Never use dangling participles!

 

 

分詞節が非制限用法の場合、修飾する名詞から離れて文頭に置かれることがあるが誤りである。文に名詞が複数ある場合どれを修飾しているかわからなくなるからである。

 

例文1

The attending physician, having studied abroad(a), is teaching the resident.   

留学経験がある指導医が研修医を教えている。

 

用語

study aborad

vi

留学する

teach

vt

教える

 

解説

(a) ...  完了形の現在分詞句「having studied abroad」は制限なく直前の名詞「physician」を修飾しているので、意味は明確であるが、現在分詞句が文頭に置かれると、「Having studied abroad, the attending physician is teaching the resident.」、被修飾語は「physician」なのか「resident」なのか不明になる。「The attending physician is teaching the resident, having studied abroad.」との解釈も可能になる。

 

 

f:id:tpspi:20180407165140g:plain

写真: 心電図の波形

写真出典: Internists Associated

続きを読む

分詞節における制限用法と非制限用法の違い

Differences between restrictive and nonrestrictive participial phrases

 

分詞句は形容詞節を短くしたものである。

 

形容詞節と同様に、分詞句も制限用法または非制限用法がある。

 

これらの用法の違いは、分詞句がコンマで区切られるかどうかによる。

 

制限用法ではコンマは使わず、非制限用法ではコンマを使う。

 

f:id:tpspi:20180407105536g:plain

写真: 病理検査用顕微鏡

写真出典: Microscopeworld.com

——

現在分詞句を制限用法で使用

 

例文1

The medication alleviating the patient's symptom(a) was a placebo. 

患者の症状を緩和した薬剤はプラセボ薬だった。

 

用語

alleviate

vt

緩和する

placebo

noun

プラセボ

 

解説

(a) ...  現在分詞句「alleviating the patient's symptom」は主語である名詞「medication」を制限的に修飾している(「medication」に対する必要条件である)。

 

 

過去分詞句を制限用法で使用

 

例文2

The tissue collected from the patient's liver by the needle biopsy(a) did not contain cancer cells.

患者の肝臓から針生検で採取された組織にはガン細胞は含まれていなかった。

 

用語

needle biopsy

noun

針生検

resect

vt

採取する

 

解説

(a) ...  過去分詞句「collected from the patient's liver by the needle biopsy」は主語である名詞「tissue」を制限的に修飾している(「tissue」に対する必要条件である)。

 

 

現在分詞句を非制限用法で使用

 

例文3

Prescription drugs, generally alleviating the patient's symptom(a), are likely more potent than over-the-counter drugs.    

処方薬は一般的に患者の症状を緩和し、市販薬より効果が期待できる。

 

用語

over-the-counter

adj

市販の

potent

adj

よく効く

prescription

noun

処方箋

 

解説

(a) ...  現在分詞句「generally alleviating the patient's symptom」は主語である名詞「medications」を制限せずに修飾している(「medications」に対する必要条件ではない)。

 

 

 

過去分詞句を制限用法で使用

 

例文4

 

Tumor tissues, collected by the needle biopsy(a), are pathologically examined about whether they contain cancer cells.

腫瘍組織は針生検で採取され、ガン細胞の有無が病理検査される。

 

用語

pathologically

adv

病理学的に

 

解説

(a) ...  過去分詞句「collected by the needle biopsy」は主語である名詞「tissues」を非制限的に修飾している(「tissues」に対する必要条件でない)。