読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

医療現場の英語

医療現場で使われる英語を解説します

nerve block

広告

神経ブロック

 

神経ブロックは特定の大きな神経の損傷により生じた痛みを緩和するための治療によく使用されます。神経ブロックでは、次のいずれかの方法で痛みを知らせる信号を(脳に)伝える神経経路を遮断します。

  • 神経周辺の部位に局部麻酔薬を注射して神経が痛みを知らせる信号を送るのを妨げます(医師は通常、治療対象の神経を見つけ出すために超音波を使用します)。
  • 神経節と呼ばれる神経細胞の集まりの近辺に注射を行い痛みを知らせる信号の伝達の調整を助けます。
  • 焼灼剤(フェノール等)を神経に注射して、破壊します。
  • 神経を凍結させます(冷凍]療法)。
  • 高周波プローブを使用して神経を焼灼させます。

薬剤により痛みが緩和できない時に神経ブロックにより終末期の癌の痛みの緩和の治療や持続する激しい神経障害性疼痛に使用されることもあります。

  

nerve block is frequently used to treat pain caused by damage to a specific large nerve. For this procedure, a nerve pathway that transmits pain signals is disrupted by doing one of the following:

  • Injecting the area around the nerves with a local anesthetic to prevent the nerves from sending pain signals (doctors commonly use ultrasonography to help them locate the nerves to be treated)
  • Injecting the area around nearby collections of nerve cells called ganglia to help regulate the transmission of pain signals
  • Injecting a caustic substance (such as phenol) into a nerve to destroy it
  • Freezing the nerve (in cryotherapy)
  • Burning the nerve with a radiofrequency probe

Nerve blocks may also be used to treat severe cancer pain near the end of life and severe, persistent neuropathic pain when drugs cannot relieve the pain.

Source: Merck Manual