読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

医療現場の英語

医療現場で使われる英語を解説します

hyperuricemia

広告

高尿酸血症

高尿酸血症は血液中の尿酸値が以上に高い病態です。尿酸は多くの食品に含まれているプリン体が分解した物です。高尿酸血症はは痛風のリスクが高くなりますが、高尿酸血症と痛風の関連性は明確ではありません。高尿酸血症患者の多くは痛風を発症しておらず、痛風患者の多くの尿酸値レベルは適正です。日本の男性の高尿酸血症の割合は21.5%から26.2%です。しかし、高尿酸血症患者の少数が痛風を発症しているに過ぎません。

 

Hyperuricemia: Abnormally elevated blood level of uric acid. Uric acid is a breakdown product of purines that are part of many foods we eat. While hyperuricemia may indicate an increased risk of gout , the relationship between hyperuricemia and gout is unclear. Many patients with hyperuricemia do not develop gout, while some patients with repeated gout attacks have normal or low blood uric acid levels. Among the male population in Japan, approximately 21.5 to 26.2 percent have hyperuricemia. However, only a small portion of those with hyperuricemia will actually develop gout.