読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

医療現場の英語

医療現場で使われる英語を解説します

boron neutron capture therapy (BNCT)

広告

ホウ素中性子捕捉療法

今日まで、NCTの臨床試験では、非放射線同位元素であるホウ素-10が使用されています。ホウ素-10を使用した治療法をホウ素中性子捕捉療法(BNCT)と呼びます。他の非放射線同位元素、例えばガドリニウムの使用は限定されており、現在では、臨床では使用されていません。BNCTは悪性脳腫瘍(神経膠腫)の放射線治療の代替治療法として臨床的に評価されています。最近では、再発性局所の頭頸部癌の治療に使用されています。

 

All of the clinical experience to date with NCT is with the non-radioactive isotope boron-10, and this is known as boron neutron capture therapy (BNCT).   At this time, the use of other non-radioactive isotopes, such as gadolinium, has been limited, and to date, it has not been used clinically. BNCT has been evaluated clinically as an alternative to conventional radiation therapy for the treatment of malignant brain tumors (gliomas), and more recently, recurrent, locally advanced head and neck cancer.