読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

医療現場の英語

医療現場で使われる英語を解説します

immune checkpoint inhibitor

広告

免疫チェックポイント阻害薬

免疫反応時に、免疫システムは潜在的に有害な物質の攻撃をオンにします。免疫システムはさらに攻撃をオフにする手段も持っています。これら機能により免疫反応を制御して健康な組織が損傷を受けることを防止します。

 

T細胞は免疫システムの細胞であり、癌細胞を死滅させます。T細胞は表面に受容体と呼ばれる特別な場所があります。他の細胞や分子がこれらの受容体に付着してT細胞の動作のオン・オフさせます。

ある種の癌細胞は活性化しているT細胞の受容体に付着して活性化を停止させます。免疫チェックポイント阻害薬は癌細胞がT細胞の活性化を停止させることを阻害する薬品です。この機能により、T細胞は腫瘍に浸透して、増殖を停止させます。

通常の化学療法薬は数週間で腫瘍を小さくしますが、効果が出るまでに数ヶ月かかります。免疫チェックポイント阻害薬は一時的に腫瘍を膨らませるため、腫瘍が増殖しているように見えます。この現象は多数の活性化しているT細胞や他の免疫細胞が腫瘍の内部に入るために発生します。腫瘍が一時的に大きくなった後、腫瘍は小さくなるか、死滅します。

 

During an immune response, the immune system turns on to attack potentially harmful agents.  The immune system also has ways to turn off. This limits the immune response and prevents damage to healthy tissues.

T cells are immune system cells that can kill cancer cells.  A T cell has special locations on its surface called receptors.  Other cells attach to these receptors and turn the T cell on (activation) or off.

Some cancer cells bind to receptors on activated T cells and turn them off. Immune checkpoint inhibitors are drugs that prevent cancer cells from turning off T cells.  This allows T cells to infiltrate a tumor and stop it from growing.

Conventional chemotherapy drugs often shrink a tumor within weeks, but immune checkpoint inhibitors can take several months to work.  These drugs can initially cause the tumor to swell, making it appear that the tumor is growing.  It occurs because of the large number of activated T cells and other immune system cells and substances that enter the tumor.  The brief increase in tumor size may be followed by shrinking or eradication of the tumor.