医療現場の英語

医療現場で使われる英語を解説します

anaphylactic reaction

広告

アナフィラキシー反応

アナフィラキシー反応は重大で、命にかかわることもあるアレルギー反応です。例えば、卵や蜂刺されによるスズメバチの毒にアレルギーがある場合はアナフィラキシー反応は数秒または数分で起こります。

 

アナフィラキシー反応時に免疫系から分泌された化学物質により人体はショック状態になります。この時、血圧の急激が低下、気道の狭窄が起こり、通常の呼吸が出来なくなります。アナフィラキシー反応の症状として脈が弱くなります。更に、皮膚の発疹、むかつき、嘔吐が起こります。アナフィラキシー反応はある種の食物、ある種の薬剤、昆虫の毒、及びラテックスで発生します。

 

アナフィラキシー反応が起こった場合は直ちに病院にて、エピネフリン注射を受けなければなりません。治療が遅れると、意識を失い、死に至る場合があります。

 

Anaphylaxis reaction is a potentially life-threatening allergic reaction.  It can occur within seconds or minutes of exposure to an allergen the patient is allergic to, such as an egg or the venom from a wasp sting.

 

Chemicals released by the immune system during the anaphylaxis reaction can cause the patient to have a shock; the blood pressure drops suddenly and the airways narrow, blocking normal breathing.  Symptoms of the anaphylaxis reaction include a weak pulse, a skin rash, and nausea and vomiting.  Triggers of the anaphylaxis reaction include certain foods, some medications, insect venom and latex.

 

The anaphylaxis reaction requires an immediate visit to a hospital and an injection of epinephrine.  If the anaphylaxis reaction isn't immediately treated, it can lead to unconsciousness or even death.