読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

医療現場の英語

医療現場で使われる英語を解説します

procedural memory, declarative memory

広告

手続き記憶と宣言的記憶

              手続き記憶は特別な種類の行動のための記憶です。手続き記憶は我々が行うプロセスをガイドし、多くの場合無意識に行われます。必要に応じて、手続き記憶は自動的に取り出され、認知及び運動の両方に関係する統合手順の実行に使用されます。無意識の行動として、例えば、靴紐を結ぶこと、運転することがあります。

              手続き記憶は意識や注意すること無く呼び出し、使用することが出来ます。手続き記憶は長期記憶であり、より具体的には、暗黙の記憶です。手続き記憶は手順の学習または、関係するすべての神経系が連携して自動的に動作を行うように複雑の動作を繰り返して習得します。暗黙の手順の学習は運行機能や認知活動の発達に不可欠です。

 

              宣言的記憶(明示記憶とも呼ばれます)も長期記憶の1つです。宣言的記憶は事実や言語知識のように意識して思い出す事ができる記憶です。

              宣言的記憶は2つに分類されます。限定的な個人的な経験を保持するエピソード記憶と事実を情報として記憶する意味記憶です。宣言的記憶は顕在記憶に似ていますが、宣言的記憶は人が言葉で現す記憶であり、顕在記憶は人が記憶として認識している情報を故意に思い出す記憶です。

 

              Procedural memory is memory for performing particular types of action.  Procedural memory guides processes a person performs and frequently resides below the level of conscious awareness.  When required, procedural memories are automatically retrieved and used to execute integrated procedures associated with both cognitive and motor skills, for example, from tying shoes to driving a car. 

              Procedural memories can be accessed and used without necessity of conscious control or attention.  Procedural memory is a type of long-term memory and, more specifically, a type of implicit memory.  Procedural memory is created through procedural learning or repeating a complex activity until all of the relevant neural systems work together to automatically produce the activity.  Implicit procedural learning is essential for the development of any motor skill or cognitive activity.

 

              Declarative memory (also referred to as explicit memory) is one of two types of long-term memory.  Declarative memory refers to memories that can be consciously recalled, for example, facts and verbal knowledge.  

              Declarative memory can be categorized as two types: episodic memory, which stores specific personal experiences, and semantic memory, which stores factual information.  Although declarative memory is similar to explicit memory, declarative memory is memory that a person can state in words, while explicit memory is the deliberate recall of information that the person recognizes as a memory.