読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

医療現場の英語

医療現場で使われる英語を解説します

nonalcoholic steatohepatitis (NASH)

広告

非アルコール性脂肪性肝炎

非アルコール性脂肪性肝炎はアルコールを摂取しない人に発症する肝炎ですが、組織学的にアルコール性肝炎と区別が出来ません。最大のリスク要因として肥満、脂質異常症、及びグルコース耐性があります。病因はインスリン耐性であると考えられています(例えば、肥満、メタボリックシンドローム)。ほとんどの患者は無症状です。この疾病にかかるとアミノ基転移酵素レベルが上昇します。確定診断として組織検査が必要です。治療法としては原因とリスク要因の除去があげられます。

 

非アルコール性脂肪性肝炎(脂肪組織壊死)は40から60歳で最も多く罹患しますが、すべての年齢で発症の可能性があります。最もこの疾病に罹りやすい病状として肥満、2型糖尿病(グルコース耐性)、脂質異常症、及び/又はメタボリックシンドロームが挙げられます。

 

Nonalcoholic steatohepatitis (NASH) is a disease that develops in patients who are not alcoholic.  The disease causes liver damage that is histologically indistinguishable from alcoholic hepatitis.  It most often develops in patients with risk factors: obesity, dyslipidemia, and glucose intolerance.  Pathogenesis is poorly understood but seems to be linked to insulin resistance (for example, obesity or metabolic syndrome).  Most patients are asymptomatic.  Laboratory findings include elevations in aminotransferase levels.  Biopsy is required to confirm the diagnosis.   Treatment includes elimination of causes and risk factors.

 

NASH (sometimes called steatonecrosis) is diagnosed most often in patients between age 40 and age 60 but can occur in all age groups.  Many affected patients have obesity, type 2 diabetes mellitus (or glucose intolerance), dyslipidemia, and/or metabolic syndrome.