医療現場の英語

医療現場で使われる英語を解説します

tumor marker

広告

腫瘍マーカー

腫瘍マーカーは癌により作られた物質又は癌又はある種の良性(癌でない)の状態に応じて体の他の細胞により作られた物質です。ほとんどの腫瘍マーカーは癌細胞の他、正常の細胞によっても作られます。しかし、癌状態では腫瘍マーカーは高いレベルで作られます。これらの物質は血液、尿、便、腫瘍組織、又は癌患者の他の組織又は体液から検出されます。ほとんどの腫瘍マーカーはタンパク質です。しかし、近年遺伝子の発現やDNAの変化を腫瘍マーカーとして利用され始めています。

 

腫瘍マーカーの多くは特徴が判明しており、臨床で使用されています。腫瘍マーカーによっては1種類の癌しか検出出来ないものもあります。他腫瘍マーカーでは2種類以上の癌が検出できるものもあります。あらゆる種類の癌を検出できる万能腫瘍マーカーは現在のところ発見されていません。

 

腫瘍マーカーの利用には一定の制限があります。癌が無くとも一部の腫瘍マーカーのレベルが上昇することがあります。癌患者すべてで腫瘍マーカーのレベルが高いわけではありません。また、すべての癌の腫瘍マーカーが特定されているわけではありません。

 

Tumor markers are substances that are produced by cancer or by other cells of the body in response to cancer or certain benign conditions.  Most tumor markers are made by normal cells as well as by cancer cells.  However, they are produced at much higher levels in cancerous conditions.  These substances can be found in blood, urine, stool, tumor tissue, or other tissues or body fluids of patients with cancer.  Most tumor markers are made of proteins.  In recent years, patterns of gene expression and changes in DNA have been used as tumor markers.

 

Many tumor markers have been characterized and are clinically used.  Some tumor markers are used to detect only one type of cancer, whereas other tumor markers are used to detect two or more cancer types.  “Universal” tumor markers that can detect all cancers have not been found.

 

There are some restrictions to use tumor markers.  Sometimes, noncancerous conditions can raise the levels of certain tumor markers.  Moreover, not everyone with a particular type of cancer has a higher level of a tumor marker associated with that cancer.  In addition, tumor markers have not been identified for all types of cancer.