読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

医療現場の英語

医療現場で使われる英語を解説します

superbug

広告

多剤耐性菌

多剤耐性菌は今日通常使用される大多数の抗生剤に耐性を持つ菌株を現す用語です。肺炎、尿路感染、及び皮膚感染を引き起こす耐性菌が我々が現在直面している危機をもたらしている耐性菌です。

抗生物質耐性は徐々に進行し、決して停止しない自然現象です。時間をかけて、細菌は死滅させるように作られた抗生物質に適応し、生存できるように変化します。これにより、これまで細菌感染に対して標準の治療法が効果を失います。

次のような場合に、抗生物質耐性菌が発生し拡散します。

  • 抗生物質を使用または誤用するとき、
  • 感染予防が不十分なとき、
  • 不衛生な住居や作業環境であるとき、
  • 食べ物を正しく扱わないとき、

有害な細菌から身を守るためには、石鹸を使って手を水洗い又はアルコール消毒します。正しい食事、食品の正しい取り扱い、充分な運動、正しい睡眠のような健康的な正確習慣により、疾病のリスクを最小限に抑えることが出来ます。

抗生物質耐性は次の様に防止することも出来ます。

  • 抗生物質は指示されただけ、また必要なときだけ服用する、
  • 症状が治まっても、指示された抗生物質を完全に服用する、
  • 他の人と抗生物質を使い回しをしない、
  • 前に処方された抗生物質は決して使わない。

 

Superbug is a term that describes strains of bacteria resistant to major antibiotics used today.  Resistant bacteria causing pneumonia, urinary tract infections and skin infections are major dangers we are facing.

Antibiotic resistance is a naturally occurring phenomenon that can be slowed, but not stopped.  Over time, bacteria adapt to the drugs designed to kill them, and change to ensure their survival.  This causes previously standard treatments for bacterial infections to be less effective.

Some actions may accelerate the emergence and spread of antibiotic-resistant bacteria:

  • Using or misusing antibiotics
  • Having poor infection prevention practices
  • Living or working in unsanitary conditions
  • Mishandling food

To protect yourself from harmful bacteria, wash your hands with soap and water, or use an alcohol-based hand sanitizer.  Healthy lifestyle habits, such as eating proper diet, proper food handling, sufficient exercise, and high quality sleep, can also minimize the risk of illness.

You can also help prevent antibiotic resistance by:

  • Using antibiotics as prescribed and only when needed
  • Completing the full dose of prescription, even if you feel better
  • Never sharing antibiotics with others
  • Never using leftover prescribed antibiotics