医療現場の英語

医療現場で使われる英語を解説します

Allotransplantation

広告

他家移植

他家移植とは同じ種族で遺伝子が異なるドナーから細胞、組織、又は臓器を移植することです。ほとんどの人の組織や臓器の移植は同種移植です。異種移植とは動物の組織を人間の組織に移植したり、人間の癌細胞をマウスに移植して腫瘍の研究に利用するなど異なる種類の動物に移植することです。同種移植が骨や軟骨のように移植により生物的に不活性な場合、この移植を生体恒常性があると言います。

 

同種移植又は異種移植に対する免疫反応を拒絶反応と言います。同種の骨髄移植により移植片対宿主病と呼ばれる免疫攻撃が起こります。

 

手順

 

生体移植又は脳死移植にかかわらず、組織を採取する前にはインフォームド・コンセントが必要です。病理及びHIVやB及びC型肝炎などの感染病の危険因子のための検診が行われます。

 

リスク

 

通常の手術と同様に、他家移植には副作用があります。再建手術のために組織の他家移植における制限として免疫抑制の副作用(代謝性疾患、悪性腫瘍、及び日和見感染)があります。