医療現場の英語

医療現場で使われる英語を解説します

hydranencephaly vs hydrocephalus

広告

水頭無脳症と水頭症 

 

水頭無脳症は大脳半球が一部存在せず脳脊髄液で満たされた病状です。

 

水頭無脳症は胎児の頭の疾病で、子宮内での初期の発育段階で神経系統の障害または異状な発育により引き起こされる先天的疾病です。水頭無脳症の原因は特定されていませんが、遺伝的要因や母体感染、母親の服用薬剤の影響、放射線被曝が原因であると考えれています。

 

これに対して水頭症は脳に水が貯まる疾病であり、治療も容易であり、通常の生活をおくることが出来ます。

 

水頭症は脳内に脳脊髄液が異常に溜まった病状です。水頭症になると頭蓋内圧が上昇し、小児に発症すると頭が徐々に大きくなり、痙攣、視野狭窄、及び精神障害が起こります。

 

水頭症は先天性又は後天性要因で引き起こされます。後天性性要因として脳内出血、髄膜炎、頭部外傷、脳腫瘍、及び脳嚢胞があります。

 

水頭症には非交通性水頭症と交通性水頭症の2種類があります。交通性水頭症では多くの場合、脳脊髄液の閉塞が起こります。

 

非交通性水頭症の場合は、脳室内の脳脊髄液が蜘蛛膜下腔に届かなくなります。この閉塞により脳室が膨張します。2歳以下の幼児の場合は頭蓋骨が柔軟なため、頭が拡大します。

 

交通性水頭症の場合は、以前の出血や髄膜炎を原因として、脳脊髄液が蜘蛛膜下腔で閉塞します。一部の患者では、頭蓋内圧が増加すること無く、脳脊髄液で満たされた空間が均一に拡大します。この交通性水頭症を正常圧水頭症と呼びます。正常圧水頭症は高齢者に多発し、歩行障害、地方、及び尿失禁の症状がでます。