医療現場の英語

医療現場で使われる英語を解説します

leukemia

広告

白血病

白血病は血液の癌であり、骨髄、白血球の機能、及び脾臓やリンパ節のような臓器に影響を与えます。

白血病発症リスクが高いものとして次のものがあります。

  • 電離放射線の被爆歴(原爆被爆)や化学物質(ベンゼン)
  • ある種の抗腫瘍薬(プロカルバジン、ニトロソウレア、ピポドフィロトキシンなど)の服用歴
  • ウイルス感染(ヒトTリンパ球向性ウイルス1型及、2型及びエプスタイン・バール・ウイルス)
  • 染色体異常
  • 免疫不全疾患、慢性骨髄増殖性疾患、及び染色体異常等の既往症

幹細胞の分化能力が異常をきたす場合もありますが、通常、悪性形質転換は多能性幹細胞レベルで生じます。異常増殖、クローン増殖、および不死化のため、悪性細胞が正常な血液細胞に入れ替わります。

 

白血病の発症は正常な血液細胞製造の抑制、及び白血病細胞の臓器浸潤により起こります。悪性細胞が白血病細胞と置き換わるため、貧血、血小板減少症、及び顆粒球減少症が起こります。臓器浸潤により、肝臓、脾臓、やリンパ節が肥大し、時には腎臓や生殖腺が影響を受けます。髄膜浸潤により頭蓋内圧が上昇します(脳神経麻痺)。

 

分類 

 

白血病はこれまで余命に基づいて急性と慢性に分類されてきましたが、近年、細胞の成熟度によって類されています。

 

急性白血病

 

急性白血病は主に未成熟で未分化の細胞(芽細胞)により引き起こされます。急性白血病は急性リンパ性白血病と急性骨髄性白血病に分類されます。

 

慢性白血病

 

慢性白血病では急性白血病より成熟した細胞が多くあります。慢性白血病は血球減少症に関係しない異常白血球増加症です。慢性リンパ性白血病と慢性骨髄性白血病で所見や治療法が大きく異なります。

 

骨髄異形性症候群

 

骨髄異形性症候群は進行性骨髄不全ですが芽細胞が30%未満のときは急性骨髄性白血病と診断されます。芽細胞が40から60%の時は急性骨髄性白血病に進行します。

 

類白血病反応

 

類白血病反応は全身の感染や癌に応じた通常の骨髄により生じた顆粒球白血球増加症(白血球数30,000個/μL以上)です。悪性腫瘍ではありませんが、白血球数が非常に多い類白血病反応は慢性骨髄性白血病と区別するための検査を必要とします。

 

白血病とは異常増殖した白血病細胞が正常な血液細胞と置き換わり、正常な機能が失われ、白血病細胞により臓器肥大、正常な白血球の減少により免疫不全が起こります。白血病は早期の診断と治療が必要な致死率の高い疾病です。