医療現場の英語

医療現場で使われる英語を解説します

bipolar disorder

広告

双極性障害

 

 

双極性障害は以前躁うつ病と呼ばれており、感情が高ぶったり(躁状態)、落ち込んだり(うつ状態)感情が極端に変化する疾病です。うつ状態になると、悲しい気分になり、希望を失い、あらゆる活動の関心や喜びを失います。それに対して、躁状態になると幸福感を感じ、エネルギーに満ち溢れます。気分の変化は1年に数回であったり、1週間に数回起こったりします。

 

双極性障害は破壊的で長期に渡る病態ですが、治療計画に従って気分をコントロールすることが出来ます。

 

症状

双極性障害や関係する疾病には数種類があります。各種の疾病では、双極性障害の正確な症状は個人差があります。双極性障害には1型と2型があります。

 

双極性障害の判定基準

アメリカ精神医学会の精神疾患診断統計マニュアルでは双極性障害や関連疾病の診断基準を規定しています。

 

双極性障害や関連疾病の診断基準は疾病の種類に応じて異なります。

 

  • 双極性障害Ⅰ型。少なくとも1回躁を発症する。躁の発症に前後して軽躁または通常のうつを発症する場合がある。躁の発症は生活を大きく損ね、入院を必要とする。精神病を引き起こすこともある。
  • 双極性障害Ⅱ型。少なくとも1回うつを発症し2週間以上続く。少なことも1回軽躁を発症し4日以上続くが、躁は発症しない。通常のうつ又は気分が突然変化し、行動するのが苦痛になる。生活が困難になる。
  • その他。他の疾病が原因の双極性障害や関連疾病、例えばクッシング病、多発性硬化症、又は脳卒中。これらを物質及び医薬性双極性障害や関連疾病と呼ぶ。

 

双極性障害Ⅰ型における躁の発症では症状が重く危険であるが、双極性障害Ⅱ型の患者は長期間うつ状態であり、生活に多大な影響が出ます。

 

Keywords

うつ状態 depression;クッシング病 Cushing's disease;軽躁の hypomanic;躁状態 mania;双極性障害 bipolar disorder;多発性硬化症 multiple sclerosis;通常のうつ発症 major depressive episode