医療現場の英語

医療現場で使われる英語を解説します

testing for Helicobacter pylori

広告

ピロリ菌検査方法 

 

 

ピロリ菌検出の意味

胃潰瘍、十二指腸潰瘍、及び胃癌の多くはピロリ菌により引き起こされます。

ピロリ菌を除菌することにより胃潰瘍、十二指腸潰瘍、及び胃癌の発症を防ぐことができます。ピロリ菌を発見した西オーストラリア大学のロビン・ウォーレン名誉教授とバリー・マーシャル教授に2005年ノーベル医学生理学賞が与えられました。何しろ、世界における癌死亡原因の上位に胃癌が占めていたからです。

 

先進国では、65歳以上の高齢者の約50%がピロリ菌に感染していますが30歳未満では感染率は20%未満です。

 

ピロリ菌検査方法

ピロリ菌の感染は主に4つの検査法のいづれかで確認できます。

 

1番目の検査法は病理学検査法です。内視鏡を使って胃粘膜を採取し、ピロリ菌の感染を調べます。内視鏡を使うことで潰瘍を調べることが出来ます。しかし、この検査方法では採取誤差やプロトンポンプ阻害薬や抗生薬等の薬剤の影響を受ける可能性があります。

 

2番目の検査方法は血液抗体検査で、血液中のピロリ菌の抗体を検出する簡単で安価な検査方法です。ピロリ菌の抗体のレベルの低下には数ヶ月から数年かかるため、血液抗体検査はピロリ菌の除菌の判定には適しません。

 

3番目の検査方法は大便抗原検査です。大便からピロリ菌の抗原を検出します。この検査方法は血液検査より精度は劣ります。

 

4番目の検査方法はC13又はC14尿素呼気試験です。この検査法はピロリ菌のウレアーゼ活動に基づくもので、非侵襲で比較的簡単ですが、大便抗原検査や血液検査より高額です。ピロリ菌が除菌されるとすぐに、検査結果は陰性となるため、検査結果が偽陰性となることを防ぐために、抗生薬を使用した治療を止めてから、少なくとも4から6週間経過後に尿素呼気試験を行う必要があります。

 

Keywords

胃潰瘍 stomach ulcer;胃癌 stomach cancer;胃粘膜 gastric mucosa;偽陰性 false-negative;血液検査 serology;抗原 antigen;抗体 antibody;十二指腸潰瘍 duodenal ulcer;大便抗原試験 stool antigen test;内視鏡検査 endoscopy;尿素呼気試験 urea breath test;病理学検査 histologic examination;ピロリ菌 Helicobacter pylori;プロトンポンプ阻害薬 proton pump inhibitor