医療現場の英語

医療現場で使われる英語を解説します

endoscopic examination

広告

内視鏡検査

内視鏡の重要性

内視鏡は胃腸管に容易に挿入できるため、胃腸管は他の臓器より検査や施術が容易になっています。

 

造影撮影と比較して、内視鏡検査の主要な利点は消化管の患部を直接観察出来るので、粘膜病変を正確かつ高感度で診断することが出来ます。さらに、内視鏡により表層病巣の生検見本の採取や治療を行うことも出来ます。

 

現在では、粘膜病変や腫瘍が疑われるほとんどの場合で、内視鏡検査が行われています。これに対して、腸捻転、腸重積、狭窄、又は合併症による術後変化のような外因性又は内因性の疾患が疑われるときはコンピュータ断層撮影(CT)や造影撮影が行われています。

 

内視鏡の優位性

内視鏡にはカメラが取り付けてあり、咽頭から上部十二指腸までの上部胃腸管と肛門から盲腸(時には、回腸末端)までの下部消化管を観察することが出来ます。

 

内視鏡により、他の疾病の診断や治療を行うことも出来ます。

 

内視鏡は、一回の作業で、疾患の検査と治療を同時に行うことが出来るので、画像を映し出すだけの画像装置(例えば、X線、CT、及びMRI)より利点が高く、高費用や麻酔を必要とする欠点を十二分に補っています。

 

各種内視鏡

通常の内視鏡検査には生検鉗子を使用した組織標本の採集があります。

 

超音波内視鏡には超音波検査のプローブが取り付けてあり、血流を検査したり、粘膜、粘膜下組織、及び管腔外の病変の映像が表示できます。超音波内視鏡は通常の内視鏡では得られない情報(病変の深さや広がり)を得ることが出来ます。

 

超音波内視鏡は超音波誘導で管腔内及び管腔外病変を細針で吸引することが出来ます。これに対して、通常の内視鏡では小腸の大部分を映し出すことは出来ません。

 

プッシュ内視鏡検査では長い内視鏡を十二指腸の遠位又は空腸の近位まで進めることが出来ます。

 

バルーン内視鏡検査ではプッシュ内視鏡検査で行えない小腸検査が可能です。バルーン内視鏡検査で使用する内視鏡にはオーバチューブに1個又は2個の膨張式バルーンが取り付けてあります。バルーン内視鏡検査では内視鏡を最大限進めると、バルーンが膨らみ腸の粘膜に固定されます。膨張したバルーンを後退させると、スリーブのようにオーバチューブ上の小腸が引き込まれ、小腸をたぐり寄せてアコーディオンのように縮めながら挿入することにより小腸全体を検査することが出来ます。バルーン内視鏡検査では内視鏡を口又は肛門から挿入でき、全小腸を検査する場合はどちらか一方からだけでは無理があるので、2回に分けて検査します。

 

内視鏡による治療

内視鏡により異物の除去、止血クリップ留置による止血、薬剤の注射、熱凝固、レーザによる光凝固、静脈瘤硬化又は硬化療法、レーザ又は双極電気凝固による腫瘍の縮小、前癌病変の切除、狭窄部の拡張、ステント留置、腸捻転又は腸重積の整復、急性及び亜急性結腸拡張の除去、および管留置を行うことが出来ます。

 

絶対禁忌

内視鏡検査における絶対禁忌には次のものがあります。

  • ショック
  • 急性心筋梗塞
  • 腹膜炎
  • 急性穿孔
  • 劇症大腸炎

 

相対禁忌

相対禁忌には次のものがあります。

  • 患者の非協力
  • 昏睡
  • 心不整脈又は心筋虚血。

 

Keywords

胃腸管 gastrointestinal tract;咽頭 pharynx;オーバチューブ overtube;光凝固 photocoagulation;狭窄 stricture;空腸 jejunum;結腸癌 colon cancer;結腸内視鏡検査 colonoscopy;硬化療法 sclerotherapy;昏睡 coma;コンピュータ断層撮影 computed tomography (CT);細針吸引 fine-needle aspiration;止血 hemostasis;止血クリップ hemoclip;十二指腸 duodenum;消化管 alimentary tract;静脈瘤硬化 variceal banding;心筋虚血 myocardial ischemia;心不整脈 cardiac arrhythmia;生検鉗子 biopsy forceps;絶対的禁忌 absolute contraindication;前癌病変 premalignant lesion;穿孔 perforation;造影撮影 contrast radiography;双極電気凝固 bipolar electrocoagulation;大腸炎 colitis;超音波内視鏡 ultrasound-equipped endoscope;超音波誘導 ultrasound guidance;腸重積 intussusception;腸捻転 volvulus;内視鏡検査 endoscopic examination;熱凝固 thermal coagulation;粘膜病変 mucosal lesion;バルーン内視鏡 balloon-assisted enteroscopy;表層病巣 superficial lesion;腹膜炎 peritonitis;プッシュ内視鏡検査 push enteroscopy;盲腸 cecum