医療現場の英語

医療現場で使われる英語を解説します

Korsakoff's syndrome

広告

コルサコフ症候群

コルサコフ症候群は持続性のウェルニッケ脳症を発症してから現れる合併症で、記憶障害、錯乱、及び行動の変化が起こります。

 

コルサコフ症候群はウェルニッケ脳症患者が治療を受けないと、約80%の患者で発症します。原因として、重度のアルコール中毒が考えられています。主要な病理学的所見は大脳辺縁系、特に乳頭体、小脳扁桃、及び視床前部で現れます。コルサコフ症候群を発症する要因としては脳の傷害、くも膜下出血、視床出血、視床虚血性脳卒中、及び傍正中後部視床に生じる腫瘍があります。ウェルニッケ脳症患者に限りコルサコフ症候群が発症する理由は分かっていません。アルコール性振戦せん妄の重度又は反復性の発作により、ウェルニッケ脳症の発症にかかわりなく、コルサコフ症候群が現れます。

 

症状と徴候

コルサコフ症候群を発症すると、即時記憶に重大な影響が現れます。前のことが思い出せない逆行性健忘症や発症後のことが思い出せない前向性健忘症が現れますが、患者により症状に程度の差が現れます。記憶障害は新しい情報や新たな記憶の獲得を妨げます。コルサコフ症候群を発症すると、患者は昔の出来事をよく思い出します。昔の記憶は最近の記憶より影響が少ないからです。例えば、警戒、注意、社会の関わり、及び運動学習は一般に良好に維持されます。時間や場所についての見当識障害が現れ、無関心や他の感情の変化が見られます。さらに、感情の変化が現れ、物事に対して反応することが少なくなり、無関心、精彩欠如、又は軽度の陶酔が起こります。自発性や主体性が無くなります。

 

コルサコフ症候群の初期の症状として、作話症が現れます。この病にかかると、患者は当惑して、無意識に思い出せない出来事を想像で補ったり、混乱した作り話をします。患者の作り話は非常に説得力がある場合があります。作話症は代償メカニズムで、時間が立つと軽減します。神経心理検査を行うと感情の変化や実行機能に軽度の異常が現れます。これは前頭葉が関与していることがわかります。

診断

診断は患者の症状と、重度の慢性アルコール中毒歴に基づいて行われます。症状として、運動失調症や眼球の異常な動きが現れると、コルサコフ症候群であると診断されます。診断にあたっては、他の原因(中枢神経の損傷又は感染)の可能性を除外する必要があります。

 

治療

チアミン(ビタミンB1)を使用して治療により脚気やウェルニッケ脳症の防止や治療が可能です。しかし、コルサコフ症候群のはチアミンでは効果がなく、アルコール中毒にならないようにして、ウェルニッケ脳症の治療を行う必要があります。

 

Keywords

ウェルニッケ脳症 Wernicke encephalopathy;運動失調症 ataxia;脚気 beriberi;合併症 complication;記憶障害 memory deficit;逆行性健忘症 retrograde amnesia;クモ膜下出血 subarachnoid hemorrhage;コルサコフ症候群 Korsakoff's syndrome;錯乱 confusion;作話症 confabulation;視床虚血性脳卒中 thalamic ischemic stroke;視床出血 thalamic hemorrhage;視床前部 anterior thalamus;主体性 initiative;小脳扁桃 amygdala;振戦せん妄 delirium tremens;精彩欠如 blandness;前向性健忘症 anterograde amnesia;前頭葉 frontal lobe;即時記憶 immediate memory;代償メカニズム compensatory mechanism;大脳辺縁系 limbic system;チアミン thiamin;陶酔 euphoria;乳頭体 mamillary body;傍正中後部視床 paramedian posterior thalamic region;無関心 apathy