医療現場の英語

医療現場で使われる英語を解説します

aphasia

広告

失語症 

Aphasia affects the ability of the patients to speak, write and understand language, both verbal and written, so that they cannot communicate to other people.

 

失語症にかかると、言葉を話したり、文を書いたり、言葉を理解する能力が失われ、人とコミュニケーションをとることができなくなります。

 

Aphasia occurs suddenly after a stroke or a head injury. But it can also come on gradually from a slow-growing brain tumor. The degree of disability depends on where and how bad the brain damage is and what caused it.

 

失語症は脳卒中や頭の外傷により突然発症します。あるいは、成長が遅い脳腫瘍などにより徐々に発症することもあります。頭の外傷の箇所と程度、及び外傷の原因により障害の程度が異なります。

 

Once the cause of aphasia has been determined, the main treatment for aphasia is speech and language therapy. The patient with aphasia relearns and practices language skills and learns to use other ways to communicate.

 

症状の原因が失語症であることが判明したら、患者に対して言語療法が行われます。失語症患者は言語機能を再習得し、更にコミュニケーションを取るための代替方法を学びます。

Symptoms

症状

 

Aphasia may be a sign of some other disease, such as a stroke or a brain tumor.

 

失語症は脳卒中や脳腫瘍が原因の場合があります。

 

A patient with aphasia may:

失語症患者には次の症状が現れる場合があります。

  • Speak in short or incomplete sentences  短い言葉又は不完全な言葉を話す。
  • Speak in sentences that don't make sense  意味のない言葉を話す。
  • Substitute one word for another or one sound for another  1つの単語を他の単語で置き換えたり、1つの発音を他の発音で置き換える。
  • Speak unrecognizable words  認識できない言葉を話す。
  • Not understand other people's conversation 他の人の会話が理解できない。
  • Write sentences that don't make sense 意味の通る文章がかけない。

 

The severity and scope of the disorders depend on the extent of damage and the area of the affected brain.

 

障害の重さや範囲は脳の損傷の程度や患部の広がりにより異なります。

Types of aphasia

失語症の種類

 

失語症は大きく次のように分類されます。

 

Wernicke’s Aphasia

ウェルニッケ失語症

 

Patients with Wernicke’s aphasia is characterized may have severe impairment of verbal comprehension of both written and verbal language.

 

ウェルニッケ失語症では、書き言葉と話し言葉の両方の理解の障害が重度に現れます。

 

Patients with Wernicke’s aphasia may not be able to understand the meaning of individual words and follow any command consisting of two or more steps.

 

ウェルニッケ失語症患者は単語それぞれの意味の理解も困難になり2つ以上の指示に従うことが出来なくなります。

 

Although speech of the patients is fluent, it may be marred by paraphasia and anomia.

 

患者の会話は流暢ですが不全失語症や名称失語症により損なわれます。

 

Patents with Wernicke’s aphasics may be unaware of the extent of their communicative difficulties and incorrectness of the words they are uttering.

 

ウェルニッケ失語症患者はコミュニケーションの困難さの程度に気づかず、話していることが不正確であることにも気づきません。

 

Broca’s Aphasia

ブロッカ失語症

 

Patients with Broca’s aphasia may have difficulty of expressive language.

 

ブロッカ失語症は話す言葉に顕著な影響が現れます。

 

Patients with Broca’s aphasia tend to have nonfluent, labored speech.

 

ブロッカ失語症患者は流暢に話せず、話すのが困難です。

 

Patients with Broca's aphasia may have preserved comprehension and are acutely aware of their difficulties and get frustrated with them.  They tend to have depression.

 

ブロッカ失語症患者は会話が理解でき、会話の困難さが正確に理解でき、フラストレーションが高まります。ブロッカ失語症にかかると鬱症状が現れます。

Global Aphasia

全失語症

 

Global aphasia is characterized by both expressive and receptive problems. Global aphasia tends to appear acutely after a major brain infarction, brain hemorrhage, or injury of dominant cerebral hemisphere.

全失語症患者には表現障害と受容障害の両方が現れます。全失語症は優位大脳半球に重度の梗塞、出血、または脳の外傷により急速に発症します。

 

Anomia

名称失語症

 

Anomia is a mild form of language disorders.

 

名称失語症は言語障害の中で最も軽度なものです。

 

Patients with anomia may have difficulty with sentence repetition, even in the presence of relatively preserved comprehension and verbal expressive abilities.

 

名称失語症患者はまた、理解力や言葉の表現能力が相対的に保持されていますが、復唱が困難です。

 

Ideomotor Apraxia

観念運動失行症

 

Patients with ideomotor apraxia tend to have no paresis of the face or limb musculature and are able to follow a simple command consisting of one step.

 

観念運動失行症患者は顔や四肢の筋肉組織には感覚異常は現れず、単純な作業は行えますが、複雑な作業や指示に従うことは出来ません。

 

Keywords

鬱病 depression;観念運動失行症 ideomotor apraxia;梗塞 infarction;失語症 aphasia;出血 hemorrhage;受容障害 receptive problem;全失語症 global aphasia;脳腫瘍 brain tumor;脳卒中 stroke;表現障害 expressive problem;不全失語症 paraphasia;ブロッカ失語症 Broca's aphasia;ウェルニッケ失語症 Wernicke's aphasia;名称失語症 anomia;優位大脳半球 dominant hemisphere