医療現場の英語

医療現場で使われる英語を解説します

systemic anaphylaxis

広告

全身性アナフィラキシー

Systemic anaphylaxis is a form of immediate hypersensitivity.  Systemic anaphylaxis arises when mast cells and basophils are provoked to secrete mediators with potent vasoactive and smooth muscle contractile activities.

 

全身性アナフィラキシーは即時に現れる過敏症反応です。マスト細胞や好塩基球が刺激を受けると、これらの細胞は伝達物質を分泌して、強力に血管に作用し、平滑筋を収縮させ、全身性アナフィラキシーを起こします。

 

Depending on the distribution of the stimulus, mast cells in any organ system may be involved; however, the principal targets are the cardiovascular, cutaneous, respiratory, and gastrointestinal systems where mast cells are most abundant.

 

刺激により体の各臓器のマスト細胞が活動しますが、特にマスト細胞が多く存在している心臓血管、皮膚、呼吸器、及び胃腸に大きな影響がでます。

 

When an allergen binds immunoglobulin (Ig) E, resulting in immediate hypersensitivity and then mast cells are activated by the allergen, systemic anaphylaxis can occur.

 

アレルゲンが免疫グロブリンEと結合し、マスト細胞が活性化すると即時過敏症が現れ、全身性アナフィラキシーが起こります。

Patients of anaphylaxis

アナフィラキシー発症患者

 

Vital statistics issued by Ministry of Health, Labor and Welfare, Japan indicate that 71 deaths occurred in 2011 from systemic anaphylaxis. 

 

厚生労働省の人口動態統計の集計によると、日本におけるアナフィラキシーによる2011年の死亡者数は71名でした。

 

Nonfatal cases are much more common, estimated to occur at an incidence of between 10 and 100 cases per 100,000 person years. Further analyses suggest that 1 to 15% of Japanese population may be at risk for such reactions.

 

非致死性のアナフィラキシーは一般的に多く見られ、10万人に対して10から100人の割合で発症していると推定されています。さらに、人口の1%

から15%がアナフィラキシー発症のリスクがあると分析されています。

 

Drug reactions such asβ-Lactam antibiotics and radiocontrast media cause many of these cases.  The number of offending agents is increasing.

 

全身性アナフィラキシーの多くはβラクタム系抗生物質と造影剤などの薬剤により引き起こされており、原因薬物の数は増加傾向にあります。

 

For general anesthesia, systemic anaphylactic reactions occur about every 3500 persons.  Drugs that are most commonly implicated are muscle relaxants, latex, and labor inducing drugs.

 

全身麻酔では、3500人に1人の割合で全身性アナフィラキシーが起こります。筋弛緩薬、ラテックス、及び陣痛促進薬が最も全身性アナフィラキシーを引き起こし易い薬剤です。

 

When a person has experienced food, insect sting, or drug reaction as immediate mild hypersensitivity, he or she will have fatal anaphylaxis with the same allergen.

 

食物、虫さされ、又は薬剤で、軽度の即時過敏症反応を経験した場合、ほとんどの場合で、同じアレルゲンで致命的なアナフィラキシー反応が起こります。

——

Since these earlier events are important risk factors for future fatal anaphylaxis, it is necessary to implement an action plan to prevent and deal with such reactions.

 

以前に経験した軽度な過敏症反応は将来の致死的なアナフィラキシーの発症リスクとなることを認識して、発症の予防と対策を講じる必要があります。

 

About 6% of children younger than 3 years and about 3% of adults have food allergy. They are at risk for food-induced anaphylaxis.

 

3歳未満の小児の約6%および成人の約3%に食物アレルギーがあり、これらアレルギーがあると食物由来のアナフィラキシーにかかるリスクが高くなります。

 

Most children lose their allergic sensitivities to milk, egg, wheat, or soy by 5 years old.  However, their sensitivities to peanuts, tree nuts, or seafood will typically last long. 

 

ほとんどの小児は5歳までに牛乳、卵、小麦粉、大豆に対するアレルギー反応は寛解しますが、ピーナッツ、木の実、及び魚介類に対するアレルギー反応は長く続きます。

 

Although about 20% of children lose sensitivity to peanut by school age, a few of them regain sensitivity to peanut later in their lives, particularly if they continue to avoid eating peanut. 

 

小学校に入学する頃までに約20%の小児がピーナッツのアレルギーが無くなりますが、ピーナッツの摂取を避け続けていると、成人になってもアレルギーが残ります。

 

Latex causes anaphylaxis in a small but significant group of individuals who have undergone multiple surgical procedures early in their lives, and those with frequent exposure later in their lives, such as medical personnel.

                      

幼児期に何度も手術を受けたり、医療関係者など日頃ラテックスに触れている人はラテックスによりアナフィラキシーにかかりやすくなります。

It is estimated that the prevalence of latex hypersensitivity ranges from 1 to 6% in the general population and is about 10% in regularly exposed health care workers.

 

ラテックス過敏症の罹患率は1から6%で、ラテックスに日ごろ触れている医療関係者の約10%が罹患していると推定されています。

 

The prevalence of this problem has been diminished by nonlatex gloves.

 

非ラテックス性の手袋を使用することによりアナフィラキシーの罹患を低減させています。

 

Keywords

アレルギー反応 allergic sensitivity;胃腸の gastrointestinal;筋弛緩薬 muscle relaxant;血管作用性の vasoactive;原因薬物 offending agent;好塩基球 basophil;厚生労働省 Ministry of Health, Labor and Welfare, Japan;呼吸器の respiratory;人口動態統計 vital statistics;心臓血管の cardiovascular;陣痛促進薬 labor inducing drug;全身性アナフィラキシー systemic anaphylaxis;全身反応 systemic response;全身麻酔 general anesthesia;即時過敏症反応 immediate hypersensitivity;伝達物質 mediator;皮膚の cutaneous;平滑筋 smooth muscle;βラクタム系抗生物質 β-Lactam antibiotics;マスト細胞 mast cell;免疫グロブリン immunoglobulin;ラテックス latex;罹患率 prevalence