読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

医療現場の英語

医療現場で使われる英語を解説します

resection and prognosis of adenomatous polyps

広告

腺腫性ポリープの切除と予後

Although patients with adenomatous polyps are likely asymptomatic, they may have positive stool occult or evident hematochezia.

 

腺腫性ポリープは一般的に症状は現れませんが、無症候性の便潜血又は血便が見つかることがあります。

 

The lifetime recurrent incidence of adenomas in patients who had polypectomy is 30 to 50%. Less than 5% of all adenomas likely become cancerous.

 

腺腫を切除した患者が生涯で再発する可能性は30から50%です。腺腫が癌化する可能性は5%未満です。

 

The likelihood of an adenoma becoming cancerous depends on two factors that are the size of the polyp and the grade of dysplasia.

 

腺腫が癌になる可能性はポリープの大きさと形成異常の悪性度の2つの要素により変化します。

 

For polyps less than 1 cm, the risk of becoming cancerous is 1 to 3%; for those between 1 and 2 cm, the risk is 10%; and for those greater than 2 cm, the risk is 40% or greater. 

 

ポリープの大きさが1センチ未満では、癌化のリスクは1から3%です、1から2センチでは10%、2センチ以上では40%以上になります。

 

Although all adenomatous polyps are dysplastic to some extent, they can be categorized as low and high dysplastic grades that indicate the risk of becoming cancerous. 

 

すべての腺腫性ポリープはある程度の形成異常がありますが、更にこれらの形成異常を低度と高度に分類して癌化のリスクが表されます。

 

If adenomatous polyps contain high-grade dysplasia, the risk of becoming cancerous rises to as high as 27%.

 

腺腫性ポリープの形成異常の悪性度が高いと癌化するリスクが27%に上昇します。

 

Diagnosis

診断

 

Adenomatous polyps that occur in the colon and rectum can be accurately diagnosed by endoscopy.

 

結腸と結腸の腺腫性ポリープは内視鏡検査で正確に診断できます。

 

Since colonoscopy is highly accurate and can immediately cut most polyps, it is the most preferred diagnosing method for adenomas.

 

大腸内視鏡検査法は精度が高く、検査と同時に、ほとんどのポリープが切除出来るため、腺腫診断で最も望ましい診断方法です。

 

Resection

切除

 

During endoscopy, adenomatous polyps can be removed by an endoscopic snare. 

 

内視鏡検査では内視鏡に付属したスネアを使って腺腫性ポリープを切除することが出来ます。

 

Endoscopy is strongly recommended because scientific evidence shows that endoscopic polypectomy reduces the subsequent incidence and mortality of colorectal cancer.

 

内視鏡によるポリープ切除により直腸結腸癌のその後の発生率や死亡が低減することが科学的に裏付けられています。

 

 

Pedunculated adenomas are generally removed by an endoscopic snare.  The removed adenomas are pathologically analyzed to examine whether it became cancerous. 

 

有柄性腺腫は通常、内視鏡に付属したスネアを使って切除されます。切除された腺腫が癌化してないか病理検査が行われます。

 

Sessile polyps may be cut piecemeal by an endoscopic snare. 

 

無柄性ポリープは内視鏡に付属したスネアで少しづつ切除されます。

 

Large adenomas unsuitable for endoscopic resection are surgically removed. 

 

内視鏡で切除できない大きな腺腫は外科手術で切除されます。

 

The removed polyp must be histologically examined to reveal whether it is cancerous.  If the polyp is cancerous, its histologic malignant grade, vascular and lymphatic involvement, and the margin of cancer need to be evaluated.

 

切除されたポリープは組織検査により、癌化していないか調べる必要があります。癌化している場合は、組織の悪性度、血管及びリンパ管への浸潤、及び癌の範囲を判定する必要があります。

 

If the removed polyp indicates poorly differentiated histology, vascular invasion, lymphatic invasion, or incomplete endoscopic resection, immediate surgical resection is required.

 

切除したポリープが未分化の組織である場合、血管及びリンパ管への浸潤がある場合、及び内視鏡による切除が不完全な場合は外科手術が必要になります。

 

Even if a pedunculated polyp is cancerous and confined to the submucosa, unless it has unfavorable histologic features, it can be removed endoscopically rather than surgically.

 

有柄性ポリープが癌化しており、粘膜下組織に留まっている場合で、予後不良の組織病理学的徴候がなければ、外科的切除でなく、内視鏡切除が可能です。

 

Prognosis

予後

 

Patients who have experienced polypectomy have an increased risk for recurrence of adenoma and development of carcinoma.

 

腺腫性ポリープを切除したことのある患者はその後、腺腫の再発及び癌を発症するリスクが高くなります。

 

This risk depends on the size, histology, number of adenomas, and intervals for treatment.

 

このリスクはポリープの大きさ、組織、腺腫の数、及び治療間隔により異なります。

 

Although the risk of patients with only one or two small tubular adenomas is low, they are recommended to have colonoscopy within 5 years.

 

1又は2個の小さな管状腺腫のある患者のリスクは低いので、5年以内に大腸内視鏡を受けることが推奨されます。

 

Patients with three or more adenomas, those with an adenoma larger than 1 cm, or those with villous or high grade dysplastic adenomas need to have colonoscopy within 3 years.

 

3個以上の腺腫のある患者、1センチ以上の腺腫がある患者、絨毛状腺腫又は悪性度の高い形成異常の腺腫のある患者は3年以内に大腸内視鏡検査を受ける必要があります。

 

Patients with more than ten adenomas need to have colonoscopy within 3 years.

 

11個以上の腺腫のある患者は3年以内に大腸内視鏡検査を受ける必要があります。

 

Patients who have experienced polypectomy for an adenoma larger than 2 cm or an adenoma that had been removed piecemeal need to have colonoscopy within 6 months to confirm the completeness of the resection.

 

2センチ以上の大きな腺腫のあった患者又は腺腫を少しづつ切除した患者は6ヶ月以内に大腸内視鏡検査により、切除が完全に行われていたことを確認する必要があります。

 

Keywords

癌 carcinoma;管状腺腫 tubular adenoma;形成異常 dysplasia;結腸 colon;血便 hematochezia;再発 recurrence;絨毛状腺腫 villous adenoma;スネア snare;切除術 resection;腺癌 adenocarcinoma;腺腫性ポリープ adenomatous polyp;腺腫 adenoma;直腸 rectum;粘膜下組織 submucosa;ポリープ切除術 polypectomy;無柄性ポリープ sessile polyp;有柄性腺腫 pedunculated adenoma