医療現場の英語

医療現場で使われる英語を解説します

surgery of colorectal cancer

広告

大腸癌手術

 

Keywords

anal verge         肛門縁

anastomosis      吻合

colorectal cancer            大腸癌

complication     合併症

diversion          迂回

laparoscopic resection  腹腔鏡下切除術

lymphatic          リンパ管

mesorectum     直腸間膜 

primary cancer              原発性癌

primary treatment        一次治療法

submucosa        粘膜下組織

subtotal colectomy        結腸亜全摘術

systemic treatment       全身治療

total mesorectal resection        直腸間膜全切除

transanal resection       経肛門切除

****

 

Resection is the primary treatment for patients with non-metastatic colorectal cancers. 

転移なければ、癌切除が癌の基本的な治療法です。

 

Patients with metastatic colorectal cancers may have surgery for radical treatment if some conditions are satisfied. 

大腸癌が転移しても、一定の条件で、手術で根治治療が可能な場合があります。

 

Colonic cancers should be resected along with primary feeding arterial vessel and corresponding lymphatics so that no cancer cells remain.

結腸癌は癌に血液を供給している動脈とリンパ管をひとまとまりに切除し、癌細胞が残らないようにしなければなりません。

 

At least 12 lymph nodes should be microscopically examined to accurately assure staging of colonic cancers.

結腸癌のステージの正確さを期すために少なくとも12個のリンパ節を顕微鏡で検査する必要があります。

Colon cancers that simultaneously occur may be resected individually or removed with subtotal colectomy, and tumors that invade adjacent structures should be removed as a whole.

複数の結腸癌がある場合は、個別に切除するか亜全摘術を行います。更に隣接組織に癒着している腫瘍はまとめて切除する必要があります。

 

Laparoscopic resection surgery conducted by an experienced surgeon is as effective as open resection surgery and can moderately shorten recovery time.

経験のある外科医が行う腹腔鏡下切除術は開腹術と同じ位有効であり、回復時間が短くなります。

 

For lower rectal cancers, total mesorectal resection (whole removal of lymphovascular and fatty envelope surrounding the rectum) is endorsed.  In contrast, for upper rectal cancers, cancer-specific mesorectal resection (whole removal of the mesorectum 5 cm distal to the tumor) may be sufficient. 

下部直腸癌では直腸間膜全切除(直腸を取り囲んでいるリンパ、血管、及び脂肪膜の一括切除)が推奨されます。これに対して、上部直腸癌では、癌に応じた直腸間膜切除(腫瘍から5cm離れた直腸間膜の一括切除)が行えます。

 

Local transanal resection may be performed for low rectal cancers if it is believed to have minimal risk of lymphnodal invasion.

下部直腸癌でリンパ節への浸潤のリスクが最小限であると考えられる場合は局所経肛門切除が行われます。

 

Local transanal resection may be performed in the cases including cancer stage is T1; size of cancer is less than 3 cm; cancer is well differentiated; cancer is located within 8 cm of the anal verge; no lymphovascular invasion; and area of cancer do not circumferentially occupy greater than one-third.

局所経肛門切除は次の場合で可能です。直腸癌が粘膜下組織に留まっており、大きさが3cm未満、癌のグレードが低い(明確に分離している)、肛門縁から8cm未満の位置にある、リンパ管や血管に浸潤していない、直腸の円周の1/3以下である。

Until quite recently, patients with multiple primary colorectal cancers and unresectable metastases tend to have primary cancer resection regardless of whether or not they are symptomatic .

最近まで、複数の原発性大腸癌がある場合や切除不能の転移のある患者は症状の有無にかかわらず癌の切除を行っていました。

 

This practice may delay systemic treatment in patients who are more likely to die from their metastases before suffering complications from the large bowel cancers.

しかし、この治療方法では大腸癌の合併症が現れる前に、全身治療が遅れてしまい、患者は転移により死亡する可能性が高くなります。

 

Recent studies indicate that stage IV patients with an asymptomatic primary colorectal cancer can safely start systemic therapy without undergoing surgery, with only a small chance of developing serious complications requiring urgent surgery.

最近の研究から、症状が現れない原発性大腸癌を発症しているステージIVの患者は緊急手術が必要な合併症を発症する可能性が低いため、手術を行わずに安全に全身治療を開始することが出来ることが判明しています。

 

Patients with primary rectal cancers may have a slightly higher risk of complications than those with colon cancers.

原発性直腸癌患者では結腸癌患者より合併症が現れるリスクが僅かに高くなっています。

 

If obstructing cancers can be fully removed, they need to be resected and anastomosed. 

閉塞性の大腸癌は可能なら完全に切除して、吻合する必要があります。

 

If an advanced colorectal cancer is locally confined and unresectable, diversion may be necessary.  If the cancer can be removed later, it may be resected and anastomosed. 

切除不能の進行性大腸癌が局在している場合は、近位での迂回が可能な場合があります。原発性大腸癌が後で切除可能な場合は、切除の後、吻合を行います。

Acute obstruction of large bowel may be alleviated by endoscopic stenting.

内視鏡下ステント留置術で急性腸閉塞を軽減することが可能です。

 

If bowel perforation occurs, it should be resected and anastomosed with or without diversion, depending on degree of fecal contamination, general health condition of the patient, and so forth.

大腸が穿孔した場合は、大便による汚染の程度や患者の体全体の健康状態に応じて切除及び吻合を行います。必要に応じて、迂回が必要になる場合があります。