医療現場の英語

医療現場で使われる英語を解説します

systemic therapy and combination therapy for metastatic colorectal cancer

広告

転移性大腸癌の全身療法と併用療法 

Keywords

5-fluorouracil (5-FU)  5-フルオロウラシル;           

angiogenesis  血管形成;       

bevacizumab   ベバシズマブ … 癌の増殖を促す血管内皮細胞増殖因子 (VEGF) を標的とする 血管形成抑制薬 の一種。 特に大腸癌や非小細胞性肺癌 の治療薬;

biological agent  生物製剤;  

capecitabine  カペシタビン … フッ化ピリミジン系代謝拮抗剤に類する抗悪性腫瘍剤(抗癌剤);

cetuximab  セツキシマブ … 上皮成長因子受容体 に結合して、EGFRの働きを阻害するモノクローナル抗体である。抗癌剤として使用され、癌の増殖などに関係する特定の分子を狙い撃ちする分子標的治療薬;

colon  結腸;  

colorectal cancer  大腸癌;     

endothelial  内皮;    

epidermal growth factor receptor (EGFR)  上皮増殖因子受容体;      

first-line treatment  一次選択治療;  

fluoropyrimidine  フルオロピリミジン;        

FOLFIRI  フォルフィリ … フォリン酸、フルオロウラシル、イリノテカンの3剤を併用する癌化学療法;

FOLFOX  フォルフォックス … フォリン酸、フルオロウラシル、オキサリプラチンの3剤を併用するがん化学療法;

incurable  治療不能の;          

intravenous access  静脈投与;           

irinotecan  イリノテカン ... 肺癌や転移性大腸癌などに使用される医薬品(抗悪性腫瘍薬);

KRAS gene  KRAS遺伝子 ... 正常のKRAS遺伝子によるタンパク質の産生は正常な組織に信号を送るための重要な機能であるが、突然変異すると癌化につながる;

median survival time  平均生存期間;            

mediator  介在物質: 

monoclonal antibody  モノクローナル抗体 ... 培養された細胞群の単一クローンから作る抗体;

oxaliplatin  オキサリプラチン;         

panitumumab  パニツムマブ ... ヒト上皮増殖因子受容体 を標的とする完全ヒト型IgG2モノクローナル抗体(分子標的薬);

prodrug  プロドラッグ ... プロドラッグは服用すると代謝され、薬理的に有効な薬に変化する物質;

progression-free survival  無増悪生存率;     

rectum  直腸;            

site of origin  出現部位;       

small molecule tyrosine kinase inhibitor  低分子チロシンキナーゼ阻害剤; 

supportive care  対症療法;   

****

Metastases of colorectal cancer are identically treated with identical regimen, regardless of where they occur (colon or rectum).

転移性大腸癌患者には出現部位(結腸又は直腸)にかかわらず同じ治療が行われます。

 

When patients with incurable metastatic colorectal cancer receive only supportive care, their median survival time is around 6 months.  However, when they receive systemic therapies, their survival time is likely to extend to nearly 2 years.

治療不能な転移性大腸癌を発症した場合、対処療法だけでは、患者の平均生存期間は約6ヶ月です。しかし、全身療法を受けることにより生存期間を約2年に伸ばすことが可能になります。

 

When they are treated with chemotherapy of only fluoropyrimidines, their median survival time ranges from 10 to 13 months.  If one more effective drug (either irinotecan or oxaliplatin) is added to the chemotherapy, their median survival time is expected to extend about 15 to 20 months.  If both the drugs are added to 5-FU has been reported to extend life to 23 months.

例えば、フルオロピリミジン単薬で治療を受けると平均生存期間が10から13ヶ月となり、有効な癌治療薬を1剤(イリノテカン又はオキサリプラチン)追加することにより平均生存期間は15から20ヶ月に伸び、これら2剤に5-FUを追加することにより平均生存期間を23ヶ月まで伸ばすことが出来ます。

 

 

Capecitabine is an oral prodrug activated to 5-FU in three sequential enzymatic steps.  Capecitabine can be substituted for that agent alone or in combination with oxaliplatin.

カペシタビンは経口プロドラッグで、体内で3つの酵素ステップで5-FUに変化します。カペシタビンは5-FUの代わりに、又はオキサリプラチンと併用して服用できます。

In recent years, biological drugs have been widely used to treat patients with metastatic colorectal cancer as breakthroughs. 

近年、生物製剤が転移性大腸癌患者に画期的な治療法として広範に使用されています。

 

To date, attention has been focused on monoclonal antibodies as effective biological drugs. 

現在、効果のある生物製剤としてモノクローナル抗体が注目されています。

 

Bevacizumab, which is a humanized monoclonal antibody, inhibits the activity of vascular endothelial growth factor, which is an important mediator of angiogenesis.

ベバシズマブはヒト・モノクローナル抗体で、血管形成の重要な介在物質である血管内皮細胞成長因子の働きを阻害します。

 

Although bevacizumab works little as a single colorectal cancer drug, when added to chemotherapy containing irinotecan or oxaliplatin, it can reduce the number of times the patients need to take the drugs without advancing the cancer.

ベバシズマブは単剤で使用した場合は、大腸癌の治療効果は、ほとんどありませんが、イリノテカン又はオキサリプラチンと併用した化学療法を行うときは癌が進行すること無く服用回数を減らすことが出来ます。

 

For patients with advanced colorectal cancer, they are treated as a first-line treatment with combination therapy using bevacizumab and FOLFOX (folinic acid, fluorouracil, oxaliplatin) or FOLFIRI (folinic acid, fluorouracil, irinotecan).

大腸癌が進行した患者には一次選択治療としてベバシズマブとFOLFOX又はFOLFIRIの併用療法が行われます。

The epidermal growth factor receptor (EGFR), recognizing the epidermal growth factor (EGF) and transmitting signals, is another important target for treating advanced colorectal cancer.

更に、上皮増殖因子受容体(EGFR)は細胞の増殖や成長を制御する上皮成長因子 (EGF) を認識し、シグナル伝達を行う受容体であり、進行した大腸癌を抑制するための重要な標的です。

 

Cetuximab and panitumumab, monoclonal antibodies, inhibit activity of the EGFR.

セツキシマブやパニツムマブはEGFRの働きを阻害するモノクローナル抗体です。

 

These drugs themselves can work for treatment of colorectal cancers.  In addition, they may be combined with chemotherapy to improve progression-free survival.

これらの薬剤は単剤で大腸癌の治療に効果があります。これらの薬剤を化学療法薬と併用して使用することにより無増悪生存率を向上させることができます。