読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

医療現場の英語

医療現場で使われる英語を解説します

indications and complications of implantable cardioverter-defibrillators

広告

植込み型除細動器の適応症と合併症

Keywords

antiarrhythmics  抗不整脈薬;

arrhythmia  不整脈;   

asystole  心停止;         

cardiomyopathy  心筋症;        

catheter ablation  カテーテル焼灼術; 

complication  合併症; 

coronary artery disease  冠動脈疾患; 

ejection fraction  駆出分画 ... 左心拡張終末期容積に対する 1 回拍出量の比;

electrocardiogram  心電図;     

erosion  浮腫; 

hematoma  血腫;         

idiopathic  突発性の;  

implantable cardioverter-defibrillator  植込み型除細動器;     

implantation surgery  移植手術;         

incidence  罹患率;       

indication  適応症;      

intravenously  静脈を介して;

myocardial infarction  心筋梗塞;         

myocardial perforation  心筋穿孔;      

pneumothorax  気胸; 

subcutaneously  皮下に;         

submuscularly  筋肉下に;       

ventricular fibrillation (VF)  心室細動;           

ventricular tachycardia (VT)  心室性頻脈       ... 心室内に起因し, 房室運動不調を伴う

****

Indications

適応症

 

Implantable cardioverter-defibrillators (ICDs) have been used for first-line treatment in patients with ventricular fibrillation (excluding acute myocardial infarction) or remarkably persistent ventricular tachycardia.

植込み型除細動器(ICD)は心室細動発症患者(急性心筋梗塞患者は除く)又は重大な持続性心室性頻脈発症患者の一次治療で使用されています。

 

ICDs are also used for patients who are likely to have asystole.  These candidates include patients with idiopathic, dilated cardiomyopathy and unexplained syncope or patients with coronary artery disease, an ejection fraction of less than 35%, spontaneous episodes of nonsustained ventricular tachycardia, and inducible sustained ventricular tachycardia in the electrophysiology test.

ICDは更に心停止の恐れの高い患者にも使用されます。一例として、突発性拡張性心筋症及び原因不明の失神を経験した患者、又は冠動脈疾患、駆出分画が35%未満、非持続性心室性頻脈の自発的発症、及び電気生理学検査で持続的心室性頻脈が現れた患者に使用されます。

 

Complications

合併症

 

The implantation surgery for ICDs may have complications including pneumothorax, myocardial perforation, and infection however, their incidence is less than 1%.

移植手術による合併症として気胸、心筋穿孔、及び感染がありますが、これらの罹患率は1%未満です。

 

The pocket into which the generator of ICD is subcutaneously or submuscularly implanted may have a complication of hematoma or erosion.

ICDのジェネレータが埋め込まれる皮下又は筋肉下のポケットに合併症として血腫又は浮腫が現れることがあります。

 

The leads of ICD are intravenously lodged in the heart.  However, they may be dislodged shortly after the procedure.  In this case, they need to be re-lodged. 

ICDのリードは静脈を介して心臓内に留置されます。しかし、留置後すぐに外れることがあります。この場合は、リードの再留置が必要となります。

Fracture or insulation failure of a lead may occur, causing ICDs to fail to defibrillate.

リードは破損や絶縁不良が起こることがあり、除細動が出来なくなります。

 

Fracture of a lead may cause ventricular fibrillation to be falsely detected, resulting in delivering harmful shocks.

リードが破損すると心室細動が誤検出され、有害なショックが与えられることがあります。

 

Patients who have an ICD do not need to evaluate experienced shocks as long as they are moderate.

ICDを使用している患者に与えられるショックが適正である限りは、検査は不要です。

 

However, if the patient experiences a sudden increase of shocks, electrocardiograms stored in the ICD need to be urgently evaluated for the underlying problem.

しかし、患者のショックが急増した場合は、ただちにICDに記憶されている心電図により原因を調べる必要があります。

 

If ventricular tachycardia or ventricular fibrillation occurs, shocks delivered from the generator increase.  If a correctable cause cannot be determined, antiarrhythmics and/or catheter ablation need to be used to suppress these arrhythmias.

心室性頻脈又は心室細動が起こると頻繁にシックが与えられます。改善可能な原因が特定できないときは、これらの不整脈を抑制するために、抗不整脈薬の服用及び/又はカテーテル焼灼を行う必要があります。

 

Rapid ventricular response of the atrial fibrillation may increase shocks.  In this case, the atrial fibrillation should be aggressively managed. 

早急な心室応答による心房細動によりショックが増加することがあります。この場合心房細動の治療が必要です。

 

A lead fracture may cause shocks to increase.  In this case, the lead should be replaced. 

ショックの増加はリードの破損による場合があります。この場合は、リードの交換が必要です。