医療現場の英語

医療現場で使われる英語を解説します

clinical manifestations of pancreatic cancers

広告

膵臓癌の臨床症状

Keywords

alkaline phosphatase  アルカリ性ホスファターゼ ... アルカリ性の条件下で活性が最大となるフォスファターゼ;

aminotransferase  アミノ基転移酵素;

anemia  貧血;

anorexia  食欲不振;    

biliary system  胆管系;            

bilirubin  ビリルビン ... 胆汁に含まれる赤黄色の色素;

common bile duct  総胆管;      

Courvoisier's sign  クールボアジェ徴候 ... 胆嚢は, 胆石が総胆管を閉塞したときは拡張しないが, 総胆管癌や膵頭癌などが総胆管を閉塞したときは拡張する;

cystic neoplasm  嚢胞性腫瘍; 

epigastric  上腹部;      

gallbladder  胆嚢;       

generalized malaise  全身倦怠感;      

hyperglycemia  高血糖症;       

islet cell tumor  膵島細胞腫瘍;             

nonspecific symptom  非特異的症状;  

obstructive jaundice  閉塞性黄疸;       

pancreatic insufficiency  膵機能不全 ... 膵外分泌腺の分泌不全;

sleeping disorder  睡眠障害;   

Trousseau's syndrome  トルソー症候群 ... 内臓癌との関連で起こる上下肢の突発性静脈血栓症;

vomiting  嘔吐

***

Early symptoms of patients with pancreatic cancers include abdominal discomfort, nausea, vomiting, sleeping disorders, anorexia, and generalized malaise.

膵臓癌患者の早期症状として腹部の不快感、吐き気、嘔吐、睡眠障害、食欲不振、及び全身倦怠感がある。

 

Patients with pancreatic cancers more commonly have symptoms of epigastric pain, obstructive jaundice, and weight loss.

膵臓癌患者の一般的な症状として上腹部の痛み、閉塞性黄疸、及び体重減少が生じる。

 

These symptoms allow the patients to have diagnose the pancreas and biliary system.  However, since these symptoms tend to occur late in the disease, they denote that the disease has advanced.

これらの症状により膵臓や胆道系の診断を行う契機となるが、これらの症状は疾患の後期に現れるため、症状があらわれたときには疾患はすでに進行している。

 

When the gallbladder is solidly distended, the distal common bile duct is obstructed by pancreatic cancer.  This symptom is referred to as Courvoisier’s sign .

胆嚢が固く腫脹しているときは膵臓癌により遠位総胆管が閉塞している。この症状をクールボアジェ徴候と呼ぶ。

 

Patients with pancreatic cancer may present with superficial or deep vein thrombosis.  This disease is called Trousseau’s syndrome.

膵臓癌により、表在性又は深部静脈血栓が生じる。この疾患をトルソー症候群と呼ぶ。

 

The abnormalities in blood tests include anemia and high serum levels of alkaline phosphatase, bilirubin, and aminotransferases.

血液検査結果における異常として貧血及び、アルカリ性ホスファターゼ、ビリルビン、及びアミノ基転移酵素の高血清レベルがある。

 

Approximately 80% of patients with pancreatic cancers present with jaundice caused by obstruction of the biliary duct.

膵臓癌患者の約80%に胆管閉塞による黄疸が見られる。

 

About 80% of patients with pancreatic cancers contract diabetes or hyperglycemia.  If non-diabetic individuals aged 50 years or older contract diabetes, they should be diagnosed as having contracted pancreatic cancer.

膵臓癌患者の80%で糖尿病又は高血糖症が認められる。50歳以上で、糖尿病の履歴がない人が糖尿病を発症した場合は、膵臓癌に罹患していると診断される。

Tumors that occur in the pancreas may not present with specific symptoms.

膵臓に出来る他種類の腫瘍も明確な症状を示さないことがある。

 

Patients with islet cell tumors can manifest symptoms due to excessive peptides secreted from the islet cells.

患者に膵島細胞腫瘍が出来ると、ペプチド過剰分泌による症状が現れる。

 

Cystic neoplasms are generally asymptomatic unless they grow.  If they have grown, the patients have symptoms of abdominal pain, nausea, vomiting, and weight loss.

嚢胞性腫瘍は増大するまでは症状が現れず、増大すると腹痛、吐き気、嘔吐、及び体重減少が起こる。

 

Cystic neoplasms are unlikely to obstruct the common bile duct in comparison with ductal adenocarcinoma.

嚢胞性腫瘍では膵管癌と比較して総胆管の閉塞の可能性は少ない。

 

Intraductal papillary mucinous tumors obstructs the pancreatic duct, resulting in precipitating acute pancreatitis or pancreatic insufficiency.

膵管内乳頭粘液性腫瘍は膵管閉塞を引き起こし、急性膵臓炎又は膵機能不全が起こることがある。