読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

医療現場の英語

医療現場で使われる英語を解説します

differential diagnosis and imaging study of pancreatic cancers

広告

膵臓癌の鑑別診断と画像検査

Keywords

distal cholangiocarcinoma  遠位胆管癌;

definitive diagnosis  確定診断;

desmoplastic reaction  間質線維化反応;

differential diagnosis  鑑別診断;

false-negative  偽陰性の;

pseudocyst  偽嚢胞;

vascular invasion  血管浸潤;

ampullary cancer  膨大部癌;

endoscopic ultrasonography (EUS)  超音波内視鏡検査;

fine-needle aspiration  微小針吸引法;

laparoscopy  腹腔鏡;

metastasis  転移;

multidetector computer tomography  マルチスライス式コンピュータ断層撮影;

pancreatic ductal cancer  膵管癌;

pancreatitis  膵炎;

resectability  切除可能性

****

A differential diagnosis should be performed to distinguish a pancreatic cancer from acute or chronic pancreatitis.

膵管癌は急性又は慢性の膵臓炎と鑑別診断を行う必要がある。

 

If patients contract ampullary cancer and distal cholangiocarcinomas, obstructive bile ducts and jaundice occur.

患者が膨大部癌及び遠位胆管癌を発症しても胆道閉塞及び黄疸が現れる。

 

Cystic pancreatic neoplasms cannot be easily differentiated from non-neoplastic pancreatic pseudocysts by imaging studies.  If the patient has a cystic neoplasm, patients with isolated cystic lesions and have no experience of acute or chronic pancreatitis are likely to contract a cystic neoplasm.

画像診断では嚢胞性膵臓腫瘍と非癌化膵臓偽嚢胞の区別が困難である。急性又は慢性の膵臓炎の病歴がなく、嚢胞性病変がある場合は、嚢胞性腫瘍に罹患している可能性がある。

Imaging Studies

画像検査

If patients are suspected to contract pancreatic cancers, they are recommended to have a multidetector CT scan that photographs multiple thin cuts of the pancreas with X rays and creates 3-D images of pancreas with a computer.

膵臓腫瘍が疑われるすべての患者に対しては、放射線を使用して膵臓を輪切りにした画像を撮影しこれをコンピュータで組み立てるマルチススライス式コンピュータ断層撮影(マルチスライスCT)が推奨される。

 

The CT scan can help detect vascular invasion and metastases.  It has approximately 90% accuracy of evaluation of resectability of pancreatic cancers.

CTスキャンにより血管浸潤や転移を検出することが出来、膵臓癌の切除可能性について約90%の精度がある。

 

Endoscopic ultrasonography can be used for patients with pancreatic cancers that have not been revealed by CT scan.

超音波内視鏡検査はCTスキャンで膵臓癌が検出できなかった患者に対して有効である。

 

If a preoperative biopsy is required to determine if pancreases are cancerous, a fine-needle aspiration under endoscopic guidance should be used so as to prevent cancer cells from spreading to neighboring tissues.  When patients with pancreatic cancers are resectable, they can directly undergo surgery.

肝臓癌切除手術前に腎臓組織の生検が必要な場合は、内視鏡を使用した微小針吸引法により癌細胞が隣接組織に拡散しないようにする。膵臓癌の切除が可能な患者では直接手術を行うことが出来る。

 

The desmoplastic reaction that occurs in pancreatic ductal adenocarcinoma may cause false-negative result to occur in the biopsy.

膵管癌の間質線維化反応により生検の所見が偽陰性の場合がある。

Laparoscopy may reveal occult metastases in the peritoneum or the surface of the liver.

腹腔鏡により腹膜又は肝臓表面に出来た不顕性転移を検出することが出来る。

 

If CT scan results indicate that the pancreatic cancers are unresectable because of local extension or the presence of metastases, the patients need to have a fine-needle aspiration biopsy of the primary or metastatic site to make a definitive diagnosis.

患者に行ったCTスキャンの結果が局部での広がり又は転移の存在により切除不能であるとが判明した場合は原発部位又は転移部位に微小針吸引法による生検を行い確定診断を行わなければならない。