医療現場の英語

医療現場で使われる英語を解説します

treatment and prognosis of pancreatic cancers

広告

膵臓癌の治療と予後

Keywords

5-fluorouracil  5-フルオロウラシル ... 抗癌剤;

erlotinib  エルロチニブ ... ゲムシタビンと併用して膵臓癌治療に用いる;

distal gastrectomy  遠位胃切除(幽門側胃切除);

extended lymphadenectomy   拡大リンパ節郭清(切除);

percutaneous  経皮的な;

gemcitabine  ゲムシタビン ... 癌・腫瘍のDNA 合成を阻害する代謝拮抗物質;

duodenal  十二指腸の;

superior mesenteric artery  上腸間膜動脈;

pancreaticoduodenectomy  膵十二指腸切除術;

pancreatic cancer  膵臓癌;

pancreatic head tumor  膵頭部腫瘍;

pancreatic cystic neoplasm  膵嚢胞性腫瘍;

adenocarcinoma  腺癌;

biliary drainage  胆管ドレナージ;

endoscopic ultrasonography  超音波内視鏡;

splanchnicectomy  内臓神経切除術;

periampullary adenocarcinoma  乳頭部周囲腺癌;

celiac artery (axis)  腹腔動脈;

average life expectancy  平均余命;

adjuvant therapy  補助療法 ... 薬物の作用を増強する物質による治療法;

portal vein  門脈

****

Patients with primary pancreatic adenocarcinomas rather than metastases are most commonly treated by resectional surgery.

転移のない原発性膵臓腺癌は最も一般的には外科切除で治療する。

 

The patients should undergo the resectional surgery in highly experienced medical settings.  Outcomes of resectional surgeries depend on surgeons' skills and experiences.

手術は多くの実績のある医療機関で受ける必要がある。切除手術の成果は外科医のスキルと経験により結果は大きく異る。

 

If patients who receive treatment with preoperative biliary drainage due to obstructive jaundice caused by pancreatic head tumor undergo resectional surgery, they are at increased risk of complications.

膵頭部腫瘍閉塞性黄疸があり定期的に胆管ドレナージを行っている患者で膵臓癌の切除手術を行うと、合併症のリスクが高まる。

 

When patients have periampullary adenocarcinoma, they most commonly undergo pancreaticoduodenectomy.  If they receive distal gastrectomy and extended lymphadenectomy, they are not expected to have better outcomes.

乳頭部周囲腺癌では、膵十二指腸切除が行われる。遠位胃切除(幽門側胃切除)や拡大リンパ節郭清(切除)は良好な成果が得られない。

 

If there is a fat layer around the celiac and superior mesenteric arteries and if the mesenteric and portal veins are not invaded, the pancreatic cancers may be resected.  

腹腔動脈及び上腸管動脈周囲に明確な脂肪層が認められ、腸管静脈と門脈に浸潤がなければ、腫瘍は切除可能である。

 

After resection has been successful, adjuvant therapy is performed with for example 5-fluorouracil and folinic acid or gemcitabine.

切除が成功した場合は、5-フルオロウラシル及びホリニン酸又はゲムシタビンなどの薬剤を使った補助療法が行われる。

After resectional surgery is successful, when the patients receive adjuvant therapy, their 5-year survival rates approach about 20%.

一般的に、切除手術が成功した後、補助療法を受けることにより、5年生存率は約20%に近づく。

 

Surgery can also relieve symptoms caused by pancreatic cancers. 

手術により症状の緩和が可能である。

 

If surgical exploration that patients undergo reveal that they do not have resectable tumors, they may undergo a biliary or gastric bypass surgery to alleviate their symptoms.

外科的検査により腫瘍が切除できないときは、胆管又は胃バイパス手術により症状の緩和が可能である。

 

Both biliary and duodenal stents may be used instead of invasive surgery.   

侵襲的な手術の代替として胆管及び十二指腸ステントの使用が可能である。

 

In addition, splanchnicectomy can be used with endoscopic ultrasonography or percutaneously to achieve long-lasting pain relief.

更に、超音波内視鏡の使用又は経皮的に内臓神経切除により長期の疼痛緩和が可能になる。

 

If pancreatic cancers that patients have contacted have locally advanced and unresectable, they need to be treated with a combination of chemotherapy and radiation therapy, and then additional chemotherapy.

局所的に膵臓癌が進行して切除が出来ない患者には通常化学療法と放射線療法を組み合わせて治療を行い、その後追加の化学療法を行う。

 

For most common chemotherapy, 5-fluorouracil is intravenously and continuously administered.  As alternative chemotherapy drug, gemcitabine may be used. 

最も一般的な化学療法として5-フルオロウラシルが静脈から連続投与される。代替化学療法薬として、ゲムシタビンの投与も行われている。

The average life expectancy for patients who have unresectable pancreatic cancers is 10 to 12 months.

膵臓癌の切除が出来ない患者の平均余命は10から12ヶ月である。

 

The average life expectancy for patients who have unresectable pancreatic cancers is 10 to 12 months.

膵臓癌転移の患者には、ゲムシタビンの静脈投与により余命が伸びる。

 

Erlotinib, which is an oral cancer drug, is expected to additionally prolong their survival time. 

経口癌治療薬であるエルロチニブを追加投与することにより、延命が期待できる。

 

If patients have locally advanced or metastatic pancreatic cancers, treatment for alleviating pain and for preventing local complications needs to be adequately performed.

局所進行性膵臓癌及び膵臓癌の転移がある患者では、疼痛軽減及び局所合併症防止のの最適な治療が重要である。

 

Biliary obstruction can be cured surgically or with a plastic or flexible metal stent.

胆管閉塞は外科手術又はプラスチック又は伸縮性のある金属ステント留置により治療する。

 

Patients with a pancreatic cystic neoplasm should undergo resectional surgery.

膵嚢胞性腫瘍患者は外科手術による切除が必要である。

 

The long-term survival rate for patients who had resection of pancreatic cystic neoplasms exceeds 70%

膵嚢胞性腫瘍の切除後の長期生存率は70%を超えている。