日本人が使いこなせない英語

医療現場で使われている英文を考察します。

目的と理由は副詞句又は副詞節で表す。

広告

目的と理由を表す句と節  Purpose and reason phrases/clauses

****************************************************************************

  

何かを行う目的は「for」を使った前置詞句や「to」不定詞句で表すことができる。

 

「to」不定詞の代わりに「in order to」又は「so as to」を使うとより意味が明確になる。

 

例1

 

Before giving prognostic information, it is useful to inquire about the patient’s concerns in order to provide information in the most adequate manner.

 

予後についての情報を提供する前に、最も適切な情報が提供できるように患者の心配事についての質問を行うことが有益である。

 

 

 

  

目的を表す句の意味を否定するときは「in order not to」、「so as not to」、又は「to avoid doing (or noun phrase)」を使う。

 

 

例2

 

Antihypertensive regimens should be tailored to avoid causing more new cases of diabetes.

 

多くの新たな糖尿病を防止するため、抗高血圧療法は(患者に合わせて)調整しなければならない。

 

 

 

目的を表す節を使う場合で、主節の主語と目的を表す節の主語が異なる場合は「in order that」、「so」、「so that」などを使う。従属節には通常、叙法助動詞(「can」、「may」、「will」)を使う。

 

例3

 

Renal function should be closely monitored so that antibiotic doses can be adjusted, if necessary.

 

必要に応じて抗生剤の用量が調整できるように腎機能は厳密に監視しなければならない。

 

 

 

主節が過去の場合は、叙法助動詞は「could」、「might」、「should」、「would」を使う。

 

 

例4

 

The decision analysis required writing out a statement of an issue so that it could be scrutinized for any ambiguity.

 

判断分析では内容に曖昧さがないかを精査するためにこれらを書き出す必要があった

 

 

 

人が行ったことの理由や、何かが起こった理由を表すときは理由を表す節を使う。

 

理由を表す節は「because」、「since」、「as」などで導かれる。

 

例5

 

In emergency situations, consent can be assumed because patients’ interests concentrate on survival and retaining maximal mental and physical functioning.

 

緊急時には、患者の利益は生存と最大限の精神と身体機能の維持に重点が置かれるため治療の同意があったものとみなされる。