日本人が使いこなせない英語

医療現場で使われている英文を考察します。

「another」と「other」の違い

広告

限定詞 another & other

***********************************

 

限定詞「another」は単数形の可算名詞に付けて、人又は物(事)を追加して述べる場合に使う。

 

例1

Chelation removes lead from the blood and soft tissues, but little is removed from bone.  Therefore, after chelation, if the blood lead level rises into the toxic range or symptoms recur, another course of chelation is indicated, with the same dose and duration used originally.

 

キレーションは血液と柔組織から鉛を取り除くものであるが、骨から除去される鉛は微量である。従って、キレーション後に、血中の鉛の含有レベルが有毒レベルに上昇したり、症状が再発した場合は、最初と同用量で同時間のキレーションが必要となる。

 

「chelation」は不可算名詞であるため、これを追加して述べるために、可算名詞「course」を使い、「course of chelation」の表現に限定詞「another」を付けている。

 

 

f:id:tpspi:20180201074307g:plain

出典: The Benefits of Chelation Therapy

 

 

 

人又は物(事)を追加して説明する場合では、加算名詞に限定詞「another」と数を付けることができる。

 

例2

The main complications of heparin are bleeding and heparin-induced thrombocytopenia.  Another two less common complications are heparin-induced osteoporosis and hyperkalemia.

 

ヘパリンの主要な合併症は出血と薬剤性の血小板減少症である。まれに薬剤性骨粗鬆症と高カリウム血症の2つの合併症がある。

 

独立した文で限定詞「another」を使って、他の2つの「complications」を述べている。

 

 

 

複数形の加算名詞及び不可算名詞で限定詞「other」を使い、残り全てを表す場合は名詞が単数形か複数形かにかかわらず「the other」を使う。

 

例3

Vital sign abnormalities should be remeasured.  Certain abnormalities require prompt evaluation.  Other abnormalities should be rechecked in the future.

 

バイタルサインの異常は再測定しなければならない。異常によっては直ちに判断しなければならない。この他の異常では将来、再検査が必要になる。

 

複数形の名詞「abnormalities」が述べられ、更に「abnormality」を複数形で述べるため、限定詞「other」が使われている。

 

 

 

例4

If a response to one treatment is not achieved, it makes sense to try the other.

 

一つの治療法に対して効果が得られないときは、他の治療法を試みることは道理にかなっている。

 

「one treatment」に対して残りの全部の意味で「the other (treatments)」が使われている。