日本人が使いこなせない英語

医療現場で使われている英文を考察します。

可能を表す助動詞は確信の有無により区別される。

広告

可能を表す助動詞 can, could, may, or might

 

 

可能であることを表すときは助動詞「can」を使う。

 

例1

Physicians can increasingly call on a growing number of literatures of evidence-based medicine to maximize the benefit of the treatment.

 

治療効果を最大にするための医科学的根拠に基づいた医学文献が増大しており、医師はこれらをますます利用できるようになっている。

 

用語

evidence-based medicine (EBM) ....  科学的根拠に基づいた医学

increasingly ....  だんだん(動詞を進行形的に使うことができる)

 

助動詞「can」は動作「call on」が可能であることを表している。

 

 

f:id:tpspi:20180207141735g:plain

写真出典:  Medical Journals

 

 可能であると考えられるが、確信できないときは助動詞「could」、「might」、又は「may」を使う。この中で「may」は丁寧な表現である。

 

 

例2

If clinician decided that tests for more information are needed to reduce uncertainty, and if the tests might lead to a change in management strategies, a question might arise as to which test is most appropriate.

 

臨床医が(疾患の)不明な点を減らすために、情報を得るための検査が必要だと判断し、これにより治療方法が変わる可能性がある場合、どの検査が最も必要かの問題が生じるかもしれない

 

助動詞「might」は動作「lead」及び「arise」の可能性があることを表している。

 

 

 

過去に生じた可能性があるが、確認が取れない場合は、「could」、「may」、又は「might」に「have」と動詞の過去分詞形を使う。

 

 

例3

It is intuitively obvious and prudent to discontinue the administration of drugs that might have damaged the digestive organs.

 

消化器官を害している恐れがあった薬剤の服用を中止することは直感的に自明であり賢明である。

 

助動詞「might」と「have」及び動詞「damage」の過去分詞形を続けることにより過去に生じた可能性があるが、確認が取れていないことを表している。

 

 

 

過去に起きた可能性があったが、実際には起きていない場合は「could」、「have」及び動詞の過去分詞形を使う。

 

 

例4

Most fatal drug reactions could have been prevented if the offending agent were withdrawn immediately, at the first sign of illness.

 

最初に異常の徴候が現れた時、原因の薬剤の服用を中止していたならほとんどの薬剤による死亡は防げた。

 

助動詞「could」と「have」及び動詞の過去分詞形により、過去に実現する可能性があったが、実現することはなかったことを表している。