日本人が使いこなせない英語

医療現場で使われている英文を考察します。

単純未来形、未来進行形、と未来完了形の違い

広告

Differences between simple future, future continuous, and future perfect

 

  

将来のことは現在や過去のように確信を持って言うことができず、将来のことは予測や予定にすぎない。未来のことを表すときは助動詞を使う必要がある。

 

確信、意見、態度に基づいた将来の予測を表すときは助動詞「will」を使う。

 

例文1

The patient will rarely be able to supply detailed information about past or even current dose of medicine but often can provide valuable clues to the physician. 

 

患者は過去のみならず現在の服用薬の用量についても詳細な情報を医師に伝えることができないが、多くの場合有用な手がかりを医師に提供している場合がある。

 

用語

can ...  場合がある

clue ...  手掛かり

dose ...  服用量

 

解説

「patient」の態度を表すために助動詞「will」が使われている。

 

f:id:tpspi:20180307153027g:plain

 

写真: ヒポクラテスの像

写真出典: "A guide to the Hippocratic Oath," BBC

 

仮定法現在では主節の時制が未来形になることがある。

 

例文2

If the physician does not treat patients as individuals rather than customers as expressed in the Hippocratic Oath, the science of medicine cannot be applied appropriately, and even the most knowledgeable physician will fail to achieve the desired outcomes.

 

ヒポクラテスの誓いで述べられているように医師が患者を顧客ではなく人として扱わなければ、医学は適切に適応できず、医学に最も造詣が深い医師でも成果を得ることができない

 

用語

most knowledgeable ...  医学に最も造詣が深い

the Hippocratic Oath ...  ヒポクラテスの誓い

 

解説

仮定法現在で主節の時制が未来形で表され、助動詞「will」が使われている。

 

 

 

近い将来に物事が起こることを予想するときは「be going to」を使う。

 

他の人が予定していることを表すときも「be going to」を使うことができる。

 

例文3

Yellow fever vaccine should be administered with caution and only after careful counseling to elderly patients who are going to spend time in yellow fever–endemic zones.

 

黄熱病ワクチンの投与には注意が必要であり、黄熱病流行地域に滞在予定の高齢者に対してはカウンセリンが必要である。

 

用語

endemic zone ...  風土病流行地域

yellow fever ...  黄熱病

 

解説

他の人の近い将来の予定を表すために「be going to」が使われている。

 

 

 

直前の決断やすぐに行う行動を表すときは「will」を使う。

 

例文4

Elbow dislocation causes immediate pain and a deformity is present at the site.  The physician will immediately perform a physical examination, aided by X-rays and then reduce the elbow with or without pain medication.  After the elbow is back in place and stabilized, the physician will order CT scan or MRI study and blood flow examination to assess the extent of the damage to the joint and surrounding structures.

 

肘の脱臼を脱臼すると痛みが直ちに現れ部位に変形が起こる。医師は直ちに患部のX線検査を行い、その後鎮痛剤の使用または使用せずに、脱臼した肘を元の位置に戻す。肘が元の位置に戻り安定したら、医師は関節や周辺の組織の損傷の範囲を調べるためにCTスキャンまたはMRI検査、および血流検査を指示する

 

用語

deformity ...  変形

dislocation ...  脱臼

reduce ...  元の状態に戻す

 

解説

すぐに行われる動作を表すために助動詞「will」が使われている。

 

 

 

計画されているため、確実に起こることが予想されるときは未来進行形を使う。未来進行形は「will be doing」で表される。

 

例文5

Physicians will be using the products of the genome project increasingly in their day-to-day practice during the coming years.

 

医師は数年のうちに次第に日々の医療活動にゲノムプロジェクトによる製品を使うことになるであろう

 

用語

genome project ...  ゲノム計画

increasingly ...  次第に

 

解説

計画されており、確実に起こることが予想されるため未来進行形が使われている。

 

 

 

未来の特定の時に起こっていることを表すときは未来完了型を使う。未来完了形は「will have done」で表される。

 

例文6

Within one year the patients have been diagnosed as severe diabetes, they will have required artificial dialysis.

 

重度の糖尿病患者は診断から1年以内で人工透析が必要になるであろう

 

用語

artificial dialysis ...  人工透析

diabetes ...  糖尿病

 

解説

未来の特定の時に起こっていることを表すために未来進行形が使われている。