日本人が使いこなせない英語

医療現場で使われている英文を考察します。

自動詞と他動詞の違い

広告

Differences between transitive verbs and intransitive verbs

 

  

自動詞は目的語を持たないが、他動詞は持つ。

 

自動詞は人や物の存在、身体の活動、人や物の動作、自然現象などを表す。

 

人や物の存在を表す自動詞の例 ...  appear, disappear, die, happen, live, remain, stay

 

身体の活動を表す自動詞の例 ...  ache, bleed, blush, cough, faint, shiver, sleep, snore, yawn

 

人や物の動作を表す自動詞の例 ...  fly, move, run, slide, rotate, walk, work

 

自然現象を表す自動詞の例 ...  glow, rain, shine, light, snow, thunder

 

例文1

In patients whose large esophageal varices have never bled(a), β-blockers are considered first-line treatment, but endoscopic band ligation may be useful in selected patients.

 

巨大食道瘤からの出血歴のない(a)患者には、第一選択処置としてβブロッカーの投与が検討されるが、条件を満たした患者では内視鏡的バンド結紮も可能である。

 

用語

endoscopic band ligation ...  内視鏡的バンド結紮       

esophageal varix ...  食道瘤    (pl. varices)

first-line treatment ...   第一選択処置

             

解説

(a) ...  「bleed」は自動詞で目的語は伴わない。現在完了形では「bled」に変化する。

 

f:id:tpspi:20180309152826g:plain

 

写真: βブロッカー、アテノロール

 

  

他の多くの動詞が目的語を有する他動詞であり、物理的な動作、身体の活動、知覚や思考などを表す。

 

物理的な動作を表す他動詞の例

cut, drill, fasten, inject, measure, sew

 

身体の動作を表す他動詞の例

breathe, drink, eat, hear, see, smell, swallow  

 

知覚や思考を表す他動詞の例

believe, enjoy, favor, fear, frighten, pain, prefer, remember

 

 

例文2

Dramatic seizures often frighten(a) passersby and cause(b) severe disruption of social interaction and development.

 

突然の発作は目撃者を怖がらせ(a)社会との関わりや成長が重度に損なわれる(b)

 

用語

development ...  成長

disruption ...  破壊

frighten ...  怖がらせる

seizure ...  発作

witness ...  目撃者

 

解説

(a) ...  「frighten」は他動詞で目的語「witness」を取る。

(b) ...   他動詞「cause」は目的語「disruption」を取る。

 

 

 

他動詞の多くは自動詞と異なり受動態で表すことができる。

 

例文3

Persons born before 1957 are usually immune to measles as a result of natural infection and do not require vaccination, although vaccination is not contraindicated(a) if they are believed(b) to be susceptible.

 

1957年以前に生まれた人は通常、自然感染によりはしかに対して免疫がありワクチン接種は必要ない。感染性が考えられる(b)場合でもワクチン接種は禁忌では(a)ない。

 

用語

be believed to ...  …であると考えられる

contraindicated ...  禁忌の

measles ...  はしか

susceptible ...  感染しやすい

 

解説

(a) ...  「contraindicated」は受動態ではなく形容詞である。

(b) ...  「are believed」は他動詞「believe」の受動態である。

 

 

 

他動詞でも状況や言及されているときは目的語が省略できる。

 

目的語が省略可能な他動詞の例 ...  accept, answer, change, choose, drive,  explain, forget, help, know, learn, leave, phone, read, remember, understand, watch, write

 

例文4

Since both remedies available for aged pancreatic cancer patients have severe side effects, it is difficult for the patients and their family to choose(a).

 

高齢の膵臓がん患者に適応可能な治療法は共に重度の異なる副作用があるため、患者とその家族は選択に(a)困っている。

 

用語

pancreatic cancer ...  膵臓がん

 

解説

(a) ...  「choose」は他動詞であるため目的語が必要であるが、状況から省略可能である。

 

 

 

多くの動詞には複数の意味があり、ある意味では他動詞として使われ、他の意味では自動詞としで使われる。

 

自動詞と他動詞の両方の意味を有する動詞の例 ...  bruise, cure, recover, dissolve, hurt, infuse, moisten, spread,

 

例文5

Although prolonged duration of submersion is associated with a worse prognosis, young children who are hypothermic when they are rescued after submersion times of up to 60 minutes have recovered (a) without neurologic damage.

 

水没時間が長いと予後は悪くなるが、60分までの水没から救助された小児は低体温症であるが神経障害なく回復している(a)

 

用語

hypothermic ...  低体温症

neurologic damage ...  神経障害

submersion ...  水没

 

解説

(a) ...  「recover」は自動詞で現在完了形で使用されている。

 

 

 

例文6

Respiratory infections are thought to cause most exacerbations, although many of these implicated microorganisms may be recovered(a) from sputum during periods of stable disease.

 

呼吸器感染は最大の増悪を引き起こすと考えられている。これらの関係する微生物の多くは疾患の安定期において痰から取り出す(a)ことが可能である。

 

用語

exacerbation ...  増悪

implicated ...  関係している

periods of stable disease ...  疾患の安定期

respiratory infection ...  呼吸器感染

sputum ...  痰

 

解説

(a) ...  「recover」が他動詞として使われ、受動態のため目的語が主語になり「be recovered」と形を変えている。