日本人が使いこなせない英語

医療現場で使われている英文を考察します。

条件節に助動詞を使う場合

広告

Conditional clauses using modals

 

条件節で助動詞を使うことができる。動作がしばしば起こる場合は主節は現在形を使う。将来起こる可能性が高い場合は主節に助動詞「will」と動詞の原形を使う。起こる可能性が低い場合は「would」と動詞の原形を使う。起こる可能性があったが実際には起こらなかった場合は「would」と動詞の現在完了形を使う。

 

条件節が「can」と動詞の原形で主節が現在形の場合:

 

例文1

If the patient cannot correctly take(a) prescribed medications, the disease deteriorates(b).

患者は処方薬を正しく服用できなければ、病気は悪化する。

 

用語

prescribed medication ...  処方薬

 

解説

(a) ...  条件節が「can」と動詞の原形。

(b) ...  主節が現在形であるので、しばしば起こる状況を表している。

 

 

f:id:tpspi:20180313175150g:plain

写真: ワクチン接種

写真出典: Pneumococcal Vaccine

 

条件節が「must」と動詞の原形で主節が「will」と動詞の原形の場合:

 

例文2

If individuals must lower(a) their blood pressures to proper levels without taking medications, they will have(b) to increase body activities and eat low-salt diets.

 

人が薬を使わずに血圧を適度なレベルまで下げる必要がある(a)なら、彼らは運動量を増やし減塩食を摂らなければならない(b)

 

 用語

low-salt diet ...  減塩食

 

解説

(a) ...  条件節の助動詞「must」は必要性を表す。

(b) ...  主節に助動詞「will」と動詞の原形を使って、可能性が高いことを表している。

 

 

 

条件節が「could do」で主節が「would do」の場合:

 

例文3

If the patient could succeed(a) in smoking cessation, the risk of lung cancer would decrease(b).

 

患者が禁煙に成功すれば(a)、肺がんリスクは低下する(b)

 

用語

smoking cessation ...  禁煙

 

解説

(a) ...  条件節の「could succeed」は現在の事実の反対を表す。

(b) ...  主節の「would decrease」はほとんど起こららないことを表す。

 

 

 

条件節が「could have done」で主節が「would have done」の場合:

 

例文4

If this patient could have gotten(a) a pneumococcal vaccine, he would have lived(b) longer than he did.

 

この患者は肺炎球菌ワクチンを受けていたら(a)、もっと長生きできた(b)

 

用語

pneumococcal vaccine ...  肺炎球菌ワクチン

 

解説

(a) (b) ...  条件節の「could have gotten」と主節の「would have lived」は過去に可能であったが、実現しなかったことを表している。