日本人が使いこなせない英語

医療現場で使われている英文を考察します。

動詞に続く動名詞

広告

Verbs followed by gerunds

 

動詞の多くには「ing」句が続く。

 

この「ing」句を動名詞と呼ぶ。

 

主動詞に続く動名詞は共通の主語を持つ。

 

 

動名詞が続く動詞には発言や思考を表す動詞、愛情や好みを表す動詞、一般動詞、一般句動詞がある。

 

発言や思考を表す動詞の例

admit, consider, deny, describe, imagine, mention, recall, suggest

 

愛情や好みを表す動詞の例

adore, detest, dislike, dread, enjoy, fancy, like, love, mind, resent

 

一般動詞の例

avoid, commence, delay, finish, involve, keep, miss, postpone, practice, resist, risk, stop

 

一般句動詞の例

afraid of, burst out, carry on, complain about, depend on, end up, give up, go round, keep on, look forward to, put off, set about, worry about

 

 

発言や思考に関する主動詞に動名詞が続く場合

 

例文1

The end-stage lung cancer patient who had metastases to distant organs denied undergoing(a) any life-prolonging treatment.   

 

遠位の多臓器にガンが転移している末期の肺ガン患者は延命治療を拒絶した(a)

 

用語

end-staged

末期の

lung cancer patient

肺癌患者

life prolonging treatment

延命治療

metastasis

転移

 

解説

(a) ...  思考に関する動詞「deny」に動名詞「undergoing」が付いている。

 

 

f:id:tpspi:20180319164125g:plain

写真: HIV の治療薬、ジドブジン

 

一般動詞に動名詞が続く場合

 

例文2

Atypical manifestations of Mycobacterium avium complex (MAC) disease in patients who had commenced taking(a) only zidovudine were the first indication that immune reconstitution inflammatory syndrome (IRIS) may be a complication of antiretroviral therapy (ART).

 

ジドブジン単剤服用患者におけるマイコバクテリウム・アビウム複合体疾患の非定型的症状は免疫再構築症候群が抗レトロウイルス療法の合併症である最初の兆候であった。

 

用語

antiretroviral therapy (ART)

抗レトロウイルス療法

atypical

非定型的

immune reconstitution      inflammatory syndrome (IRIS)

免疫再構築症候群

indication

兆候

manifestation

症状

mycobacterium avium complex

マイコバクテリウム・アビウム複合体

zidovudine

ジドブジン

 

解説

(a) ...  一般動詞「commence」に動名詞「taking」が続いている。

 

 

 

一般句動詞に動名詞が続く場合

 

例文3

After successful removal of an insulinoma, the patient can look forward to expecting(a) his normal life.

 

膵島細胞腺腫の摘出がうまくいった後は、患者は通用の生活を期待することができる。

 

用語

insulinoma

膵島細胞腺腫

 

解説

(a) ...  句動詞「look forward to」に動名詞「expecting」が続いている。

 

 

 

主動詞に続く動名詞の多くは「that」節に書き換えられる。例文1は例文4のように「that」節を使った文に書き換えられる。

 

例文4

The end-stage lung cancer patient who had metastases to distant organs denied that(a) he would undergo any life-prolonging treatment.  

 

解説

(a) ...  通常「that」節を使う場合は本動詞と「that」節の主語が異なる場合が多いが、理論上本例のように置き換えることは可能である。

 

 

 

動名詞は受動態にすることができる。例文1は例文5のように書き換えられる。

 

例文5

The end-stage lung cancer patient who had metastases to distant organs denied being treated (a) with any life-prolonging means.     

 

遠位の多臓器にガンが転移している末期の肺ガン患者は延命手段で治療されることを拒絶した(a)

 

用語

any life-prolonging means

何らかの延命手段

 

解説

(a) ...  受動態「being treated」により動作が主体的でなくなり、動名詞の目的語は「with」で導かれる前置詞句で表されている。

 

 

 

動名詞はさらに完了形にすることもできる。

 

例文6

The end-stage lung cancer patient who had metastases to distant organs denied having undergone(a) any life-prolonging treatment.     

 

遠位の多臓器にガンが転移している末期の肺ガン患者は延命治療を受けていることを否定した(a)

 

解説

(a) ...  思考に関する動詞「deny」に動名詞の完了形「having undergone」が続いている。

 

 

 

一部の動詞では目的語と動名詞が続き、動名詞は目的語の動作を表す。

 

 

例文7

The clinician imagined the patient recovering(a) from the cancer.

 

医師は患者が病気から回復すると思っていた(a)

 

解説

(a) ...  思考に関する動詞「imagine」に目的語「patient」と動名詞「recovering」が続いており、動名詞は目的語の動作を表している。