日本人が使いこなせない英語

医療現場で使われている英文を考察します。

不定詞句は名詞、形容詞、または副詞として機能する。

広告

Infinitives work as nouns, adjective, or adverbs. 

 

動詞に「to」不定詞句が付く場合、名詞、形容詞、または副詞として機能する。

 

「to」不定詞句は他動詞の目的語としてまたは自動詞の副詞句として使われる。動詞の主語は「to」不定詞句の主語でもある。

 

「to」不定詞句が続く動詞には主張や思考に関する動詞とその他の動詞がある。

 

主張や思考に関する動詞の例:

agree, arrange, attempt, choose, consent, continue, decide, detest, intend, neglect, promise, refuse, remember, swear,

 

その他の動詞の例:

fail, manage, ought, prefer, pretend, strive, tend, want, wish

 

例文1

Patients frequently fail to recall(a) crucial information disclosed, although they usually think they have sufficient information for decision making.

 

患者は意思決定には常に十分な情報があると考えているが、しばしば開示された決定的な情報を思い出すことができない(a)

 

用語

crucial

決定的な

disclose

明らかにする

fail to do

…ができない

 

解説

(a) ...  自動詞「fail」に「to」不定詞句が副詞的に使われている。

 

f:id:tpspi:20180324171429g:plain

写真: NSAID市販薬、イブプロフェン

 

他動詞に目的語と「to」不定詞句が続く場合、動詞の目的語は「to」不定詞句の主語である。

 

この場合も、主張や思考に関する動詞とその他の動詞がある。

 

主張や思考に関する動詞の例:

advise, ask, challenge, command, encourage, permit persuade, teach

 

その他の動詞の例:

allow, force, get, have, help, let, want

 

例文2

Patients should be advised not to use(a) nonsteroidal anti-inflammatory drugs (NSAIDs) without consultation and to be cautious about using herbal or other nonproprietary preparations.

 

患者は診察を受けずに非ステロイド抗炎症薬を使用しないように、かつ漢方薬や他の市販薬について注意するように忠告すべきである(a)

 

用語

nonproprietary preparation

市販薬

nonsteroidal anti-inflammatory drug (NSAID)

非ステロイド抗炎症薬

without consultation

診察をうけることなく

 

解説

(a) ...  他動詞「advise」は目的語と「to」不定詞句を伴うが、受動態のため主動詞の目的語が受動態における主語になっている。

 

 

 

例文2を能動態で表すと例文3のようになる。

 

例文3

The physician should advise patients(a) not to use nonsteroidal anti-inflammatory drugs (NSAIDs) without consultation and to be cautious about using herbal or other nonproprietary preparations.

 

医師は患者に診察を受けずに非ステロイド抗炎症薬を使用しないように、かつ漢方薬や他の市販薬について注意するように忠告すべきである(a)

 

解説

(a) ...  例文2から変更があった箇所。

 

 

 

自動詞に「for」で始まる前置詞句と「to」不定詞句が続く場合、前置詞句の目的語は「to」不定詞句の主語である。

 

この場合の自動詞の例:

appeal, arrange, ask, long, pay, wait, wish

 

例文4

The physician arranged for the patient who had complained of stomach ache to take(a) upper endoscopy. 

 

医師は腹痛を訴えた患者に上部内視鏡検査を受ける手配をした(a)

 

用語

upper endoscopy

上部内視鏡検査

 

解説

(a) ...  自動詞「arrange」に「for」で始まる前置詞句と「to」不定詞句が続いている。前置詞の目的語「patient」は「to」不定詞句の主語である。

 

 

 

連結動詞で時間の継続を表すときは「to」不定詞の進行形を使い、終了を表すときは「to」不定詞の完了形を使う。

 

例文5

The driver seriously injured by a car accident seems to be having(a) emergency surgery.  

 自動車事故にあって重症を負った運転手は緊急外科手術を受けているようだ(a)

 

用語

emergency surgery

緊急外科手術

 

解説

連結動詞「seem」では時間の継続を表すために「to」不定詞の進行形が使われている。

 

 

例文6

The patient appeared to have recovered(a) consciousness.

 

患者は意識を取り戻したようだ(a)

 

用語

recover consciousness

意識を取り戻す

 

解説

(a) ...  連結動詞「appear」では終了を表すために「to」不定詞の完了形が使われている。

 

 

 

他の人が真実であると信じていることを表すときは受動態の動詞に「to」不定詞句を続ける。

 

受動態に「to」不定詞句が続く動詞の例:

believe, consider, feel, find, know, report, say, think, understand

 

例文7

Disparities in medical quality exist even in public hospitals that are generally thought to provide(a) fair health care.

 

公平な医療が提供されていると一般に考えられている(a)公立病院でさえも医療の質において格差が生じている。

 

用語

disparity

格差

fair health care

公平な医療

 

解説

(a) ...  動詞の受動態「are thought」に「to」不定詞句が続いている。

 

 

 

他動詞に疑問詞と「to」不定詞句が目的語として続く。

 

これら他動詞の例:

ask, decide, explain, forget, imagine, know, learn, remember, understand, wonder

 

例文8

The physician did not know how to treat(a) the symptom that the patient was presenting.

 

医師は患者のこの症状の治療法がわからなかった(a)

 

解説

(a) ...  他動詞「know」の目的語として疑問詞「how」と「to」不定詞句が続いている。

 

 

 

間接目的語と直接目的語をとる他動詞では直接目的語として疑問詞と「to」不定詞句を使うことができる。

 

これらの他動詞の例:

ask, remind, show, teach, tell

 

例文9

The nurse taught the patient how to use(a) a blood glucose monitor by himself.

 

看護師は患者に自分で血糖値モニターの使用方法(a)を教えた。

 

用語

blood glucose monitor

血糖値モニター

 

解説

(a) ...  他動詞「taught」に間接目的語「patient」と直接目的語として疑問詞「how」と「to」不定詞句が続いている。

 

 

 

自動詞に続く「to」不定詞句は目的を表す。

 

例文10

The patients having a heart disease should stop to catch(a) their breath before climbing a long hill. 

 

心臓病患者は階段を登る前に息を整えるため立ち止ま(a)らなければならない。

 

用語

catch one's breath

息を整える

heart disease

心臓病患者

 

解説

(a) ...  自動詞「stop」に続いている「to」不定詞句は目的を表す副詞句として使われている。

 

 

 

他動詞に目的語と「to」不定詞句が続き、「to」不定詞句は形容詞句として目的語を修飾する。

 

例文11

The surgeon harvested the left inner thoracic artery to be used(a) for the coronary artery bypass graft surgery from the patient.

 

外科医は冠動脈バイパス術で使用するための左内胸動脈(a)を患者から採取した。

 

用語

coronary-artery bypass graft surgery (CABG)

冠動脈バイパスグラフト術

left internal thoracic artery (LITA)

左内胸動脈

scrub nurse

手術室看護師

vessel harvesting

血管採取

 

解説

(a) ....  他動詞「harvest」に目的語「artery」が続き、これを「to」不定詞句が形容詞句として修飾している。

 

 

 

名詞の後に目的語になる「to」不定詞を続けて、義務を表すことができる。

 

例文12

The physician taught the patient having metabolic disease three things to keep(a), which are to reduce weight, increase physical activities, and sleep well. 

 

医師は生活習慣病患者に守るべき3か条(a)として体重を減らし、運動を増やし、よく睡眠を取ることを患者に教えた。

 

用語

patient with metabolic

disease

生活習慣病患者

 

解説

(a) ... 「to」不定詞の形容詞用法で修飾する直前の名詞の目的を表している。

 

 

 

抽象名詞の後に「to」不定詞句を続けて詳細な説明を行うことができる。

 

抽象名詞の例:

attempt, capacity, desire, endeavor, fortune, inability, need, opportunity, unwillingness, willingness

 

例文13

The debilitated patient lost the ability to fight(a) against pathogens.

 

衰弱した患者は病原菌と戦う能力(a)を失った。

 

用語

debilitated

衰弱した

pathogen

病原体

 

解説

(a) ...  抽象名詞「ability」を「to」不定詞句が修飾している。