日本人が使いこなせない英語

医療現場で使われている英文を考察します。

知覚動詞の2つの形態

広告

Two forms of perceptive verbs

 

 

知覚動詞は五感に関するもので次の動詞が例示される。

feel, hear, notice, observe, see, smell, taste, watch

 

 知覚動詞には2つ形態がある。

 

1番目の形態は知覚動詞に目的語と動名詞句を続けることにより動作が終わっていないか一定期間継続していることの知覚を表す。

 

例文1

The neighbors have seen an aged woman with Alzheimer's disease often wandering and becoming lost(a) long distances from home.

 

アルツハイマー病の老婦人が徘徊し、家から遠く離れたところで迷子になっているのを隣人はしばしば目撃している(a)

 

用語

aged woman

noun

老婦人

Alzheimer's disease

noun

アルツハイマー病

wander

vi

徘徊する

 

解説

(a) ...  知覚動詞「see」に目的語「woman」と動名詞句「wandering and becoming ...」を使って、進行中の動作の知覚を表している。

 

f:id:tpspi:20180328094345g:plain

写真出典: How to Prevent Wandering in Alzheimer’s Patients

 

2番目の形は知覚動詞に目的語と動詞の原形が続いていると終了した動作の知覚を表す。

 

例文2

Since the patient was frequently wandering, the physician observed her contract(a) Alzheimer's disease.

 

老婦人患者は頻繁に徘徊を繰り返すことから医師は彼女がアルツハイマー病に罹っていることに気づいた(a)

 

用語

contract

vt

(病気)に罹る

 

解説

(a) ...  知覚動詞「observe」に目的語「her」と動詞の原形「contract」を使って終了した動作の知覚を表している。

 

 

 

知覚動詞は進行形にできないが、受動態にすることは可能である。

 

例文1を受動態にすると例文3のようになる。

 

例文3

An aged woman with Alzheimer's disease has been seen often wandering and becoming lost(a) long distances from home.

 

アルツハイマー病の老婦人が徘徊し、家から遠く離れたところで迷子になっているのがしばしば目撃されている(a)

 

解説

(a) ...  知覚動詞の目的語「woman」が受動態の主語に置き換わり、知覚動詞の受動態「has been seen」の後に動名詞句「often wandering and becoming ...」が続いている。