日本人が使いこなせない英語

医療現場で使われている英文を考察します。

「used to do」と「be used to something (or doing)」と「be used to do」の違い

広告

Differences between "used to do," "be used to something (or doing)," and "be used to do"

 

「used to do」における「used」は自動詞「use」の過去形で、過去の習慣や事実を表す。

 

例文1

streptomycin, which is a specific drug for tuberculosis, was discovered by Waksman et. al of Rutgers University.  Before the drug was launched, tuberculosis used to be(a) a deadly disease  

 

結核の特効薬のストレプトマイシンは1943年にワックスマンらにより発見された。ストレプトマイシンが市場に出る前は、結核は不治の病であった(a)

 

用語

deadly disease

noun

致死の病

launch

vt

市場に出す

specific drug

noun

特効薬

streptomycin

noun

ストレプトマイシン

tuberculosis

noun

結核

Waksman

noun

ワックスマン

 

解説

(a) ...  自動詞「use」の過去形と「to」不定詞句を使って、過去の事実を表している。

 

 

f:id:tpspi:20180328143904g:plain

写真: ストレプトマイシンの発見者Selman A. Waksman

写真出典: Tracking the entire world

  

「be used to something (or doing)」で慣れていることを表す。

 

「be」動詞の代わりに、「get」または「become」を使うこともできる。

 

例文2

Waksman was a biochemist and microbiologist and was used to studying(a) organisms that live in soil.  He discovered more than twenty antibiotics as a professor at Rutgers University for four decades.

 

ワックスマンは生化学者および微生物学者として土壌における微生物の研究に精通していた(a)。彼は40年に渡るラトガース大学の教授としてストレプトマイシン他20種類の抗生物質を発見した。

 

用語

biochemist

noun

生化学者

microbiologist

noun

微生物学者

 

解説

(a) ...  「be used to」に動名詞句「studying ...」を使って、慣れを表している。

 

  

「be used to do」は他動詞「use」の受動態に「to」不定詞句が副詞的修飾語として使われており、「…するために使用される」の意味を持つ。

 

例文3

The proceeds earned from the licensing of his patents were used to establish(a) the Waksman Institute of Microbiology located on Rutgers University

 

ワックスマンが得た特許収入はラトガース大学内にワックスマン微生物研究所の設立に使われた(a)

 

用語

proceeds

noun

収益

 

解説

(a) ...  「be used to do」の過去形であり他動詞「use」の受動態に「to」不定詞句が副詞的修飾語として使われている。