日本人が使いこなせない英語

医療現場で使われている英文を考察します。

間接話法における依頼、要求、忠告、質問

広告

Orders, requests, advice, and questions in indirect speech

 

間接話法で依頼、要求、忠告を表すときは伝達動詞に人を表す目的語と「to」不定詞句を続ける。

 

依頼、要求、忠告を表す伝達動詞の例:

advise, ask, beg, command, forbid, instruct, invite, order, persuade, remind, tell, warn

 

例文1

The physician advised the patient to sparingly take(a) analgesics.  

医師は患者に鎮痛剤は控えめに服用するように忠告した。

 

用語

sparingly

adv

控えめに

take

vt

服用する

analgesics

noun

鎮痛剤

 

解説

(a) ...  伝達動詞「advise」は人を表す目的語と「to」不定詞句で人に対する忠告を表している。

 

 

f:id:tpspi:20180403124550g:plain

写真: 市販薬鎮痛剤ロキソニンS

 

否定的な依頼、要求、忠告は「to」不定詞句の前に「not」を付ける。

 

例文2

The physician warned the patient who had been taking antibiotics not to drink(a) alcohol. 

医師は抗生剤を服用している患者にアルコールを摂取しないように警告した。

 

用語

antibiotics

noun

抗生剤

 

解説

(a) ...  否定的な警告を行うため、「to」不定詞句の前に「not」が使われている。

 

 

 

間接話法における質問は間接疑問を使う。伝達動詞に人を表す目的語と「if」節または疑問詞節が続く。

 

例文3

The clinician should ask the patient whether(a) he has prior adverse drug reactions to the prescribed medication.

臨床医は患者に対して処方薬に薬剤副作用があるか否かを尋ねなければならない。

 

用語

adverse drug reaction

noun

薬剤副作用

 

解説

(a) ...  間接話法での質問のため伝達動詞「ask」に人を表す目的語と「whether」で始まる疑問詞節が使われている。

 

 

 

伝達動詞は人の考えや感情の他に人の発言を表すことにも使える。

 

「that」節を使う伝達動詞の例

accept, believe, consider, fear, feel, guess, imagine, know, suppose, think, understand, worry

 

「to」不定詞句を使う伝達動詞の例

intend, plan, want

 

「that」節または「to」不定詞句を使う伝達動詞の例

agree, decide, expect, forget, hope, prefer, regret, remember, wish

 

 

例文4

The physician should not forget to administer(a) thiamine to patients who may have Wernicke’s encephalopathy.

医師はヴェルニッケ脳症と思われる患者にチアミンの投与を忘れてはならない。

 

用語

Wernicke’s encephalopathy

noun

ヴェルニッケ脳症

thiamine

noun

チアミン(ビタミンB1)

 

解説

(a) ...  連結動詞「forget」に「to」不定詞句が使われている。

  

 

例文5

Clinicians should never forget that(a) the most important vital signs of the patients are what they look like because their appearances are signs that guide the intensity and urgency of their evaluation.

 

臨床医は患者の最も重要なバイタルサインは患者が表す表情であることを忘れてはならない。なぜなら、患者の表情は重症度と診断の緊急性を示す指標であるからである。

 

解説

(a) ...  連結動詞「forget」に「that」節が使われている。