日本人が使いこなせない英語

医療現場で使われている英文を考察します。

「to」不定詞句の名詞用法

広告

Infinitive phrases used as nouns

 

「to」不定詞句は名詞として文の主語、目的語、および補語として機能する。

動名詞句と同様に「to」不定詞句は単数形であり、代名詞「it」で受ける。

 

f:id:tpspi:20180409104035g:plain

写真: 心臓マッサージ

写真出典: First Aid Services

 

主語として機能

 

例文1

To become a clinician(a) takes both many years of medical training both in a medical school and hospitals. 

臨床医になるためには大学医学部と病院の両方で長年の医学実習が必要である。

 

用語

clinician

noun

臨床医

medical school

np

大学医学部

略語 np:  noun phrase

 

解説

(a) ...  前置詞句「to become a clinician」は文の主語として使われている。

 

目的語として機能

 

例文2

Resident physicians hate to stop cardiopulmonary resuscitation(a)

even when they know it’s time

研修医は分かっていても、心肺蘇生を停止することをひどく嫌う。

 

用語

cardiopulmonary resuscitation

np

心肺蘇生

resident physician

np

研修医

 

解説

(a) ...   前置詞句「to stop cardiopulmonary resuscitation」は文の目的語として使われている。

 

 

 

補語として機能

 

例文3

All neurosurgeons want are for patients with cerebral infarction(a) to restore impaired physical functions and prevent it from recurring(b)

神経科医が脳梗塞患者に望むことは損傷機能の回復と再発の防止である。

 

用語

cerebral infarction

np

脳梗塞患者

neurologist

noun

神経科医

 

解説

(a) ...  前置詞句「for patients with cerebral infarction」は「to」不定詞句「to restore impaired physical functions and prevent it from recurring」の主語になっている。

(b) ...  「to」不定詞句「to restore impaired physical functions and prevent it from recurring」は文の補語として使われている。