日本人が使いこなせない英語

医療現場で使われている英文を考察します。

副詞として使われる「to」不定詞句 と懸垂構造

広告

Infinitive phrases used as adverbs and their dangling structure

 

 

「to」不定詞句は動詞または補語を修飾し、通常は文末に配置する。

 

例文1

PET scanning should be performed when cancer is suspected to reduce the risk of inadequate diagnostic and premature therapeutic procedures(a).

 

不正確な診断や性急な治療を行うリスクを減らすために、ガンが疑われるときはPET検査を行う必要がある。

 

用語

PET scanning

np

陽電子放射断層撮影による検査

premature therapeutic procedure

np

性急な治療

 

解説

(a) ...  不定詞句「to reduce ...  procedures」は副詞として動詞句「should be performed」を修飾している。

f:id:tpspi:20180413093618g:plain

 

写真: PET検査装置 

写真出典: NHS Choices

 

副詞として使われる「to」不定詞句も懸垂分詞のように文の先頭に配置することができる。

 

例文2

To reduce the risk of inadequate diagnostic and premature therapeutic procedures, PET scanning should be performed when cancer is suspected.

 

解説

この文では「PET scanning is reducing the risk of...」のように解される恐れがある。

 

 

「to」不定詞句を副詞として文頭に配置する場合は不定詞句の意味上の主語と主節の主語を一致させなければならない。

 

そのため例1は次のように書き換えられる。

 

例文3

To reduce the risk of inadequate diagnostic and premature therapeutic procedures, the physician(a) should order the patients to have PET scanning when he or she suspects that they have developed cancer(b).

 

解説

(a) ...  受動態である主節を能動態にして、動作の主体を主語にする。

(b) ... 受動態である時を表す従属節も能動態にして、動作の主体を主語にする。